中里の道祖神 ~中里道祖神のタブノキ~

祭神 猿田彦命
289-0105 成田市中里182












そうなんデス。
最近運動不足なんデス。
たまにはチャリに乗りますか。








で、こちらを参考に、
出来るだけ3密を避けて、
チャリの相棒のゾウを誘いました。
隣町に住んでいる、
腐れ縁の高校の同級生デスが、
今回はソーシャルディスタンスを確保して、
しっかりマスク着用で行ってみましょう。
で、行先は基本行き当たりばったり。
飲食店に立ち寄るのは、
今回は止めておきます。




マイチャリ  サドルにJBL CLIP3を装着




で、久しぶりに登場の、
My 1stバイクのチャリRS8さん。
サドルにJBL CLIP3を装着して、
このApple musicのプレイリスト、
1980年代のソフトロックをBGMに、
ポタポタと出発デス。




makoto-jin-rei.hatenablog.jp
‎Apple Musicの「1980年代 ソフトロック ベスト」





新川サイクリングロード  道の駅やちよ・八千代ふるさとステーション



まずはホーム、
新川・印旛沼CRで、
いつもの道の駅やちよ、
八千代ふるさとステーションを目指します。
いつも大人気の野菜直売所は、
コロナ対策で入場制限をしていて、
長蛇の行列が出来ていました。




makoto-jin-rei.hatenablog.jp











印旛沼を目指す  西印旛沼に到着





続いてそのまま新川を遡り、
これまたいつもの西印旛沼へ。





佐倉ふるさと広場




これまたお馴染みの、
佐倉ふるさと広場にトウチャコ。
先日、コロナ対策で、
チューリップの花が刈り取られてしまい、
ニュースになったばかりデス。




僅かに残っていたチューリップ  ネモフィラ




僅かに残されたチューリップと、
ネモフィラを愛でて、
さて次を目指しましょう。





makoto-jin-rei.hatenablog.jp





飯野竜神橋




さて飯野竜神橋を渡り、
更に西印旛沼北へ。




双子公園



これまたお馴染みの、
双子公園にトウチャコです。




消されてしまったバンクシー作のと噂された絵  もう一つ増えていたチンパンジーの絵




公衆トイレに描かれていた、
バンクシー作と言われている絵は、
なぜか薄っすらと消されていました。
知らぬ間に増えたもう一方の壁の、
新しいチンパンジーの絵も、
やはり同様に消されています。




makoto-jin-rei.hatenablog.jp






市井橋下  北印旛沼に出た




西印旛沼と北印旛沼を結ぶ、
印旛捷水路で市井橋をくぐり、
印旛沼に出ました。




北印旛沼  北印旛沼を北上



さらにその北印旛沼の、
西湖岸を北上します。



酒直水門・酒直機場  利根川土手を東へ




西印旛沼北の、
酒直水門・酒直機場からは、
長門川になります。
これを北に突き当たれば、
ついに利根川に到達デス。




makoto-jin-rei.hatenablog.jp



さて、利根川に着いたものの、
これから一体どうしよう。
千葉県から出て茨城県は🆖
あ、そうだゾウ、
最近読んだこの本に載ってたっけ。
この近くの成田市内に、
巨大な御神木がある、
道祖神があるらしいで、
知らんけど。
行ってみよか。




常総大橋際を右折して下りる  田園の間を走る




利根川を東に進み、
滑川から常総大橋際を右折して下りて、
更に左折して田植えされたばかりの、
田園地帯を走ります。



本日最初の上り坂  中里道祖神入口



田園地帯から右折すると、
今回初の激しい上り坂。orz
コレを上りきると、
この旧道らしき交差点が、
目指す道祖神の入口のよう。




中里道祖神  中里道祖神のタブノキ





トウチャコしました、
中里の道祖神と、
中里道祖神タブノキです。
道祖神タブノキの由緒については、
是非、この本をお読み下さい。



神木探偵 神宿る木の秘密

神木探偵 神宿る木の秘密




無数に奉納された小洞  手水鉢




巨大なタブノキの根元には、
無数に奉納された道祖神の小祠。
手水鉢もこの祠の多くも、
文化年間*1のものが多数のよう。




杉の木




鳥居からみてタブノキの向かって右に、
他の枯れた木に包まれた杉の木があります。




中里道祖神のタブノキ  中里道祖神のタブノキ
中里道祖神のタブノキ  枝を横に伸ばすタブノキ
中里道祖神のタブノキ  タブノキ全景




ちょうどタブノキに花が咲いていましたが、
なんとも言えない幻想的で神々しい、
独特の雰囲気のある空間デス。
本田不二雄さん、
ご紹介ありがとうございました。




中里から成田市街を目指す  県道63号成田下総線




さてとりま来た道を戻らずに、
県道63号成田下総線で、
成田市街を目指します。




北千葉道路 国道464号バイパスへ  八千代・印旛・栄自転車道線に戻る




で、成田市街から、
北千葉道路・国道464号バイパスを、
千葉ニュータウン鎌ヶ谷方面へ。
途中でバイパスを降りて、
国道464号を左折して、
八千代・印旛・栄自転車道線こと、
新川・印旛沼CRに戻りました。



印旛捷水路沿いを進む  



ここからは印旛捷水路。
来た道をそのまま戻ります。
しかしここからは、
かなり強い向かい風に悩まされます。



西印旛を進む  サイクリングロード横断中の亀氏




さて西印旛沼に戻ると、
サイクリングロード横断中の亀氏と遭遇。
幸い認知→判断→動作により、
死亡事故を回避しました。




佐倉ふるさと広場を目指す




佐倉ふるさと広場を目指して、
トイレと水分補給の小休憩の後に、
更に道の駅八千代ふるさとステーションへ。
向かい風と疲れで首が痛くなってしまい、
まるで苦行のようなサイクリングに。。。




道の駅八千代でアイスを購入  道の駅八千代を後にする





道の駅で購入した、
アイスクリームで、
少し生き返りました。
さてラストスパートです。




新川のゆらゆら橋





行程図(地図)  行程図(航空写真)

走行距離 115.09km
平均時速 20.0km/h
最高速度 50.5km/h
走行時間 5:44.08
獲得標高 340m
消費カロリー 3,672cal

さて、終ってみれば、
久し振りのサイクリングで、
115kmオーバーの走行距離。
行きは追い風ピュンピュン丸でしたが、
帰りは向い風で泣かされました。
それでも平均時速は、
20km/hとなかなか立派デス。




左腕の日焼け  
二の腕の日焼け
手首の日焼け




で、日焼けしやすい体質なので、
今年も立派なド○タ焼けが始まりました。
いやいやホント運動した後の、
ウィルキンソンがマジで最高。






*1:1804〜1818