ホンダ レブル1100〈DCT〉(8BL-SC83) その九 〜Corbin デュアルツーリングサドルシート〜

公式サイト https://www.honda.co.jp/Rebel1100/




ホンダ レブル1100〈DCT〉(8BL-SC83) 
→ その一〜発注・仮契約締結
→ その二〜本契約締結・支払完了
→ その三〜納車・試走〜
→ その四〜Nikon F3 HP+Ai Nikkor 50mm f/1.4〜
→ その五〜追加カスタム①〜
→ その六〜追加カスタム②〜
→ その七〜マフラー再塗装〜
→ その八〜バーエンドミラー化〜



https://www.motoparts.jp/c/HONDA/H_REBEL1100/ho-ame_rebel1100_seat/H-REB-11-21-DT





箱がトウチャコ  



いや妻があまりに、
レブル1100純正の、
タンデムシートに、
ブーブー文句を言うもので、
先月5月10日の発注した、
Corbin デュアルツーリングサドルシート。
アメリカの工場で、
受注後に生産するとのことで、
輸入代理店のWEBサイトでは、
発送は5~12週間とありますが、
6月16日のトウチャコですので、
ほぼ5週ピッタリで手元に届きました。
ワタシはデフォルトの、
黒一色でお願いしましたが、
無償でシート部位アレンジが可能で、
もしカラー変更をお願いしていたら、
もっと納期は遅かったかもしれません。





箱を開封  箱から出す



早速、箱を開封しました。
びっちりと詰められた梱包材の中から、
シートを取り出しビニールを剥がします。



コルビンデュアルツーリングサドルシート(表)  コルビンデュアルツーリングサドルシート(裏)



さすがにデカいねぇ。
厚みもあり迫力があります。
本革のイヤな臭さはありません。
カフカ感はあまりなく、
しっかりとした固めのクッションです。



コルビンシートを装着1



早速装着してみました。
既存のタンデムシートは、
前後のボルトを六角で外しますが、
後部のボルトは、
そのまま利用する形になります。



コルビンシートを装着2  コルビンシートを装着3



メイン、タンデム共に、
かなりシート高が高くなります。
そもそもタンデムの為に購入しましたが、
メインの座り心地はかなりいいデス。
包まれるようなホールド感と、
背中が寄りかかれる感覚もgoodです。
ニーグリップもかなりしやすくなりました。
ただし意外に固めの質感なので、
慣れるまで停止した着地時には、
太ももの裏にシートの渕が当たり、
やや違和感を感じるかもしれません。
またハンドルが遠いと感じる方は、
更に遠くなるかもしれません。
また肝心のタンデムですが、
妻も大満足のようデス。
純正の何倍も厚いことによる、
クッション性の向上は当然のこと、
シートが高くなったことで、
膝が上に上がらなくなったことも、
かなり快適になったそうデス。



リアボックスも干渉なし



リアボックスも特に干渉はなく安心しました。
ただ、ちょっとデブっちょなので、
バイク全体のスマート感はちょっと薄れました。
まあ、許容範囲デスが。



M8ノブボルト  ノブボルトを締める




シートを取り外す度に、
六角レンチを取り出すのは面倒なので、
後部のボルトはノブボルトにしてみました。
これもちょっとカッコ悪いデスが、
便利さには代えられないデス。









https://www.motoparts.jp/c/HONDA/H_REBEL1100/ho-ame_rebel1100_seat/H-REB-11-21-DT