Prime Video「生きる LIVING」

公式サイト https://ikiru-living-movie.jp







さて、ワタシの大好きな映画の一本である、
黒澤明監督『生きる』デスが、
2003年頃にドリームワークスがリメイク権を獲得して、
トム・ハンクス主演で製作されるという話がありましたが、
結局その後の情報はなく今に至ります。
ところが今年の第95回アカデミー賞には、
カズオ・イシグロ脚本で、
オリヴァー・ハーマナス監督の、
イギリス映画『生きる LIVING』が、
主演男優賞、脚色賞にノミネートされていて、
とてもビックリしました。
最近Prime Videoで配信されまして、
早速鑑賞した次第デス。




生きる LIVING




国家・人種こと異なれど、
時代的にも年代的にも、
オリジナルにかなり忠実なリメイクです。
とても素晴らしい映画デス。
細かいことを言えば、
主人公と息子との関係が異なりますが、
一番異なる点は、
イギリス版が初めから最後まで、
主人公がカッコ良すぎるというところ。
志村喬の情けなさ、カッコ悪さは全くなく、
結果的に志村の凄さを改めて感じました。
トム・ハンクス版も観てみたかったなぁ。