憲法第九条改正について


安倍新総理の著書、
「美しい国へ」で、
みんな騒いでいる憲法第九条の改正の話。




私、賛成派の意見も反対派の意見もよく分かります。
憲法前文憲法第九条は、確かに究極の理想論。
現に日本に自衛隊が今存在しているんですから、
そりゃ、議論の的になるのは当然です。




私個人の意見としては、
実際今、隣に北朝鮮が存在しているんですから、
自衛としての軍備は必要なのかもしれませんが、
その兵力は「志願」のみで、
もう「徴兵」があってはならないと思います。




だけど、まず、その議論の前に、
この憲法が押し付けられたものでもなんでも、
例えそれが間違っている法律であっても、
悪法といえども法は法
その法律に則った改正をしなけゃルール違反でしょ。




日本国憲法に定められている改正手続。

第九十六条【憲法改正の手続】
1  この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。


これ、あんまり細かく定められていないから、
いろんな解釈も出来ます。
でもともかく、国民の過半数の賛成に準じる選挙で決めるべき話なんですから、
ともかく国会の「各議院の総議員の三分の二以上の賛成」の発議を、
まず、やってみやがれっつー話。




にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
人気ブログランキングへ  ← 1日1クリ願います。