そばうどん おくとね その百七十七

営業時間 7:00〜20:00
定休日 土曜日・日曜日・祝日
105-0004 港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 B1







新橋駅前ビルとPCX150  おくとね




朝イチ健康診断で、
血液検査がありまして、
朝食を抜いてPCX150で、
紀尾井町に登城しました。
さて検査がヲワタら、
お腹ペコペコで、
ダッシュで新橋へ。
しかし突然虎の門辺り、
バケツをひっくり返したような、
ゲリラ豪雨に襲われました。😱
カッパを着る暇もなく、
全身ずぶ濡れスーツになりましが、
とりまタオルで水滴を吹いて、
新橋駅前ビル1号館へ。
なんと意外なことに、
10週=70日ぶりの、
オクトネーターでございます。
(写真撮影後に駐輪場に駐車しております)




新しい給水機





🙇‍♂️ごめんなすって、
2ヶ月9日ぶりで、
給水機が替わったことも、
存じ上げずにおりやした、
半端モンにございやす。
今日はエルウッド兄いの、
ワンオペをありがたく頂戴しやす。




舞茸天玉そば(510円)




舞茸天玉そば(510円)。




セルフ紅生姜&七味唐辛子  舞茸天玉蕎麦を手繰る




今日もMTT sbに、
セルフBNSG&7MTG‼️
流石に70日ぶりは、
血中濃度にガツンと響く。



完食完飲




まだ全身濡れ鼠ですが、
ショーガオールで、
芯から燃え上がった、
完食完飲でございました。




おくとね
〒105-0004 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館B1F

tabelog.com



炎天下、バイクで走っていたら、
スーツはヨレヨレですが、
あっという間に乾きました。










名代 富士そば 津田沼店 その三十四

営業時間 5:00〜25:00*1
定休日 なし
275-0016 習志野市津田沼1-2-19 つるやビル1F
公式サイト https://fujisoba.co.jp
公式Facebook https://www.facebook.com/fujisoba/





 
名代 富士そば 津田沼店 
その → 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233
名代 富士そば 品川店 その →  1





富士そば津田沼店とPCX150




今日は久しぶりの横浜の予定でしたが、
昨夜配下の実働隊員より報告があって、
朝イチ関連系列会社へクレームを入れたら、
すっかりスタートダッシュに遅れました。
てな訳でとりま腹拵えになりまして、
10日ぶりの富士そば津田沼店。
(写真撮影後に駐輪場に駐車しております)





冷し肉富士そば(530円)+大盛(110円)



冷し肉富士そば(530円)+大盛(110円)。



大盛の冷し肉富士そば  大冷し肉富士そばを手繰る



富士そばで、
暑さに負けないスタミナ作りなら、
冷し肉富士蕎麦が間違いない。



蕎麦湯  完食完飲



このメニューがいいのは、
つゆと豆板醤の溶けた、
蕎麦湯がまた美味いんデス。
サクッと完食完飲で、
横浜を変更して、
赤羽へ向かいます!!













*1:〜8/22 〜20:00

京橋 恵み屋 その三百六十八

営業時間 11:00〜15:00/18:30〜20:00
(土12:00〜15:00※)※蕎麦売切れ迄
定休日 日曜日・祝日・第三土曜日
104-0031 中央区京橋3-4-3 三光ビル1F
公式ブログ http://blog.livedoor.jp/megumiya2001/
公式Twitter https://twitter.com/megumiyamaster
公式Instagram http://instagram.com/kyobashi_megumiya











さて当初ブログの休止期間を、
7月26日〜7月31日の、
7月中とお知らせしましたが、
北海道ソロツーリングの記事の、
写真画質を最低限に落として、
今月中の写真容量の残りに、
かなり余裕が出来た為、
休止期間を変更しまして、
通常のブログ記事を、
本日から再開致します。
よろしくお願い申し上げます。





京橋恵み屋とPCX150





🛳フェリー疲れ、
🛵バイク疲れ、
🍴食べ疲れ、
📸観光疲れと、
🧳北海道の旅疲れも、
ようやく癒えてきた水曜日。
今日は月二回の、
事業部の定例会議で、
コモエスタ分園へ、
PCX150で定時に出勤。
会議が無事終了したら、
ランチはなんと20日ぶりの、
恵み屋でございます。
(写真撮影後に駐輪場に駐車しております)





常陸秋そば地粉切りのメニュー




まだ常陸秋そば地粉切り、



アッタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!





地粉切り【大盛500g】(800円)+とろろ(100円)+鯖出汁変更(0円)





常陸秋そば(茨城産)
地粉切り【大盛500g】(800円)+とろろ(100円)+鯖出汁変更(0円)。




大盛の常陸秋そば地粉切り



北海道で蕎麦の町といえば、
新得町のことのようですが、
ワタシにとっては、
ココで食べる地粉切りの、
弟子屈・摩周が北海道代表で、
茨城代表はこの常陸秋そば。




常陸秋そば地粉切りを手繰る   鯖出汁とろろで手繰る



この新蕎麦から一番遠い時季に、
このクオリティの蕎麦が味わえる幸せ。
そのままでも何もつけずとも、
鯖出汁とろろで手繰っても、
思わず啜って唸る絶品。



鯖出汁とろろ蕎麦湯完食完飲



鯖出汁とろろがまた、
この十割蕎麦に合うんだなぁ。
一ヶ月ぶりの大盛デスが、
瞬殺の完食完飲デシタ。













【追伸】
昨日PCX150北海道ソロツーリングの、
ブログ記事がようやく完成致しました。
ご笑覧頂けましたら幸いです。


【計画】
 ↓

 ↓
【初日】
 ↓

 ↓
【二日目】
 ↓

 ↓

 ↓

 ↓
【三日目】
 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓
【四日目】
 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓
【五日目】
 ↓

ブログ休止のお知らせ (7月26日〜7月27日※)

昨日無事帰宅しました、
4泊5日北海道ソロツーリングの、
ブログ記事作成ですが、
まだタイトルだけになっております。
現在写真を整理しておりますが、
明らかに今月の残り容量では、
足りない模様の為、
今月の既出の掲載記事の画質を下げます。
また今日から、
7月31日までの今月中は、
7月27日の二日間は、
通常のブログ記事を休止させて頂きます。
よろしくお願い申し上げます。




【※後日変更追記】
当初、ブログの休止期間を、
7月26日〜7月31日の、
7月中とお知らせしましたが、
北海道記事の写真画質を最低限に落とし、
今月中の写真容量の残りに余裕が出来た為、
休止期間を変更して、
7月28日より通常のブログ記事を再開致します。
よろしくお願い申し上げます。




商船三井フェリー さんふらわあ だいせつ ~PCX150北海道ソロツーリング五日目~

公式サイト https://www.sunflower.co.jp/





 ↑
前の記事




さて、なごみの湯を出ると、
苫小牧の町は濃い霧に覆われています。
さっきからLINEで会話が続いている、
苫小牧出身で大阪在住のホンチョクによれば、
苫小牧の霧はいつものことなんだとか。
(モグリなのであてになりませんがwww)




苫小牧西港フェリーターミナル  霧の苫小牧



折角の風呂上りですが、
霧で結構びちゃびちゃになって、
苫小牧西港フェリーターミナルに戻りました。
ターミナルで乗船手続き完了後、
売店や待合室で時間を過ごして、
ようやく二輪集合時間の23時00分デス。




苫小牧港のバイク集合場所  バイク乗り込み待ち



苫小牧の霧に濡れて待つバイクの乗船。







続々とバイクが入る  船に乗り込む  




続々とバイクが船の底に入って行きます。
さてこの深夜便の船は、
「新」が付かない、
ちょっと古いさんふらわぁだいせつ。
とりま一番下の第1甲板Eデッキから、
自分のカジュアルルーム船室がある、
第4甲板Bデッキに階段で上がります。



船室廊下  カジュアルルーム



この深夜便は、
デラックスルームと、
カジュアルルームの、
2種類のみなんですが、
現在コロナ対策で、
デラックスルームは販売中止。
この一段ベッドの、
カジュアルルームのみです。
夕方便の新さんふらわあさっぽろの
コンフォートの二段ベッド異なり、
テレビはありませんが、
ワタシにはこれで十分でした。



さらば北海道  夜の甲板



さて荷物を置いて着替え、
半ズボンとサンダル姿で、
霧の甲板に出まして、
「さらば、北海道」とご挨拶です。



朝の甲板  朝の甲板
朝の甲板  船首



出航時にはすでに日付が変わっていましたが、
明けて7月25日52歳の誕生日。
このバースディは一日中ほぼ船の中で過ごします。



大浴場




まずは大浴場で朝風呂という贅沢。



ホール  展望ラウンジ
冷凍食品の自販機  カップヌードルの自販機



景色も最高なんですが、
この深夜便にはレストランがなく、
あるのは冷凍食品とカップヌードルの自販機のみ。




窓から見えた太平洋  誕生日のランチ



誕生日のランチは、
最高の景色を見ながらの、
このカップヌードル
チリトマト味でございました。







さて19時50分の定刻通り、
船は大洗港にトウチャコしました。
さぁ帰りも東関道でおうちに帰ろう。









息子たちからの誕生日プレゼント



5日間の全走行距離は1300km以上。
ヘロヘロでおうちに着くと、
なんと子供達から、
このレブル1100用のサイドバッグを、
誕生日プレゼントに貰いました。
嗚呼、ワタシは本当に幸せ者です。







さてワタシから家族への、
北海道のお土産は、
阿寒湖のマリモと、
このクッキーでございます。



北海道楽しかったなぁ。
来年の夏には、
ZRX1200DAEG乗りの同級生と、
レブル1100で、
函館~余市~留萌~稚内~網走~
知床~根室~釧路~日高~苫小牧
を、巡る予定です。









天然温泉 なごみの湯  ~PCX150北海道ソロツーリング四日目-⑥~

営業時間 10:00~23:00
定休日 なし
053-0053 苫小牧市柳町2-7-6
公式サイト http://www.nagominoyu.co.jp/




 ↑
前の記事


さて夕食を食べ終えたのが19時30分。
乗船手続きは22時30分から。
3時間を過ごすために、
今度は「苫小牧 日帰り温泉」をググります。




なごみの湯にトウチャコ  なごみの湯



てな訳で、
フェリーターミナルに近くて、
天然温泉、源泉かけ流し100%、
加水・加温なしという、
なごみの湯にやって来ました。



なごみの湯玄関  なごみの湯の駐輪場



やはり考えることはみんな同じ。
駐輪場には同じ船に乗るであろう、
各地のナンバーのオートバイが並んでいます。




なごみの湯




天然温泉、源泉かけ流し100%、
加水・加温なしとのことですが、
やはり海の近くなので、
かなり塩分の濃い、
ナトリウムー塩化物強塩泉でした。
明日の朝にはフェリーの大浴場で、
改めて風呂に入る予定デスが、
今夜はここでとりま汗を流しましょう。




次の記事
 ↓
makoto-jin-rei.hatenablog.jp





プチレストラン 葡麗紅 ~PCX150北海道ソロツーリング四日目-⑤~

営業時間 11:00~21:00
定休日 日曜日
053-0006 苫小牧市新中野町3-13-8







さて、白老から、
一旦苫小牧西港の、
フェリーターミナルに来て、
Reliveの記録を止めてから、
帰りの船の乗船手続き場所や、
バイクの集合場所を確認しました。
時刻はまだ18時30分で、
港にはまだ夕刻便の18時45分発の、
新さんふらわぁさっぽろが停泊しています。
ワタシが満席で予約が取れなかった便デス。




汚れたPCX150  汚れたシールド



北海道を約1200km走ったPCX150は、
ご覧の通りシールドが虫等で汚れています。
アンタ、よく頑張ったよ~。偉かった。



さて、夕食は、
「苫小牧 グルメ」でググると、
一番最初に出る、
大学同級生オススメのマルトマ食堂は、
やはりすでに営業時間外。
二番目の暴走族のチーム名のような、
「葡麗紅」(ぶれいく)に行って見ます。
ホンチョクにLINEで聞いてみたら、
苫小牧出身でも知らないお店なんだとか。
ホンチョク、マルトマ食堂にも、
行ったことないって言ってたよね。
モグリぢゃね。(笑)



www.google.co.jp




葡麗紅とPCX150  メニュー



モグリのホンチョクは知らない店デスが、
since 1975の創業46年の老舗のようです、
メニューはステーキ・ハンバーグ、
フライや煮込みの洋食が中心です。
ありゃ、ワタシ結局、
今回この北海道で、
海産物食べず仕舞いぢゃね。。。



会長ステーキ400g(1837円)ライス・サラダ・みそ汁付き




会長ステーキ400g(1837円)ライス・サラダ・みそ汁付き。




400gのステーキ




スライスガーリック、
たっぷりのスタミナメニュー。
BIG600gでも楽勝だったかなぁ。
さて夕食を食べ終えてもまだ19時30分。
乗船手続は22時30分から。。。
あと3時間何して過ごそう。



次の記事
 ↓
makoto-jin-rei.hatenablog.jp





r.gnavi.co.jp
tabelog.com







北のランプ亭 その〇 ~PCX150北海道ソロツーリング四日目-④~

営業時間 11:00~15:30
定休日 日曜日・祝日
059-0642 白老郡白老町竹浦116-12
公式Facebook https://www.facebook.com/183844228383703/






さて予定では、
今夜の最後の夕食は、
駒大苫小牧出身の甲子園準優勝球児、
大阪の相棒・ホンチョクのオススメの、
北のランプ亭に食べるつもりでしたが、
ウポポイの駐輪場で、
ナビをセットしていると、
「営業時間外」との冷酷な通知が。。。
どうやらコロナ禍以降、
夜の営業を休止しているようです。




派手なレストラン




それでも諦めきれずに、
白老の海岸線沿いを、
北のランプ亭方面に走ると、
この度肝を抜くような、
このヒグマとサケが屋根に乗るレストラン。
やはりこちらもすでに営業を終えていました。




北のランプ亭



北のランプ亭にトウチャコするも、
やはり営業していません、
こちらも次回レブル1100でリベンジしよう。




白老の海とPCX150  白老の海とPCX150



北のランプ亭は、
料理も良いそうなんですが、
窓からの景色も良いとのことなので、
駐車場から白老の海岸を眺めました。










さて帰りの船は、
日付が変わって、
深夜01時30分の出航ですが、
とりあえず苫小牧西港の、
フェリーターミナルを下見しましょう。




次の記事
 ↓




北のランプ亭
〒059-0642 北海道白老郡白老町字竹浦116-12
4,000円(平均)1,300円(ランチ平均)

北のランプ亭 (【旧店名】 ランプテーション) - 虎杖浜/ステーキ [食べログ]








ウポポイ(民族共生象徴空間) ~PCX150北海道ソロツーリング四日目-③~

開園時間 平日 9:00〜18:00 土日祝日 9:00〜20:00
閉園日 / 月曜日(祝日または休日の場合は翌日以降の平日)
059-0902 白老郡白老町若草町2-3
公式サイト https://ainu-upopoy.jp/
ainu-upopoy.jp









ウポポイ入口  ウポポイ案内図



さて昨年7月に開業したばかりの、
白老郡白老町にある
ウポポイにやって来ました。
ウポポイとははアイヌ語で、
「大勢で歌うこと」を意味しており、
この「民族共生象徴空間」の愛称で、
主要施設として、
「国立アイヌ民族博物館」、
「国立民族共生公園」、
「慰霊施設」等があって、
アイヌ文化の復興・創造・発展の為の、
拠点となるナショナルセンターなんだとか。
現在コロナ対策で、
この中の、
「国立アイヌ民族博物館」が
事前に時間指定予約が必要で、
ワタシはすでに二週間前に、
今日の15時00分で予約済みです。



検温室



てな訳で入場ゲート脇のプレハブで、
検温してからの入場になります。




エントランス棟の先の国立アイヌ民族博物館 
国立アイヌ民族博物館  国立アイヌ民族博物館入口



予約時間の10分前の、
14時50分に国立アイヌ民族博物館の、
エントランスにトウチャコしました。



2階に上がるエスカレーター  二階



予約済のQRコードを提示して、
二階にエスカレーターで上がります。



パノラミックロビー
パノラミックロビーから見たポロト湖
パノラミックロビー 



二階パノラミックロビーから見た、
ポロト湖の絶景で素晴らしい。





アイヌ語の書かれた消火栓  アイヌ語の書かれたトイレ案内板



第一言語アイヌ語なので、
消火栓にもトイレにも、
一番上にアイヌ語が書かれています。
ただし、アイヌ語には、
元々文字がなかったので、
カタカナの表示です。



博物館展示室



さて、15時00分ぴったりに、
国立アイヌ民族博物館に入場しました。




基本展示室  展示室
展示室  展示室



アイヌ文化の展示は、
東京国立博物館にもありますが、
流石に専門博物館となりますと、
充実した内容です。
しかしどうなんだろう。
大和民族アイヌ民族に対して、
犯して来た負の歴史の展示が、
ちょっと少なすぎやしませんか。
例えばこのクナシリ・メナシの戦いも、
ほんの僅かな説明のみの、
動画での展示でした。




ja.wikipedia.org




特別展示室  ゴールデンカムイ展入口  ゴールデンカムイ展



さて特別展示室は、
2021.7/3(月)~8/22(日)は、
ゴールデンカムイ展」で、
別に大人300円の料金が必要ですが、
やはり入れずにはいられません。




杉元佐一の展示  アシリパの展示
ゴールデンカムイ展  ゴールデンカムイ展
ゴールデンカムイ展  ゴールデンカムイ展
ゴールデンカムイ展  ゴールデンカムイ展



こちらはワタシも単行本最新刊を、
今も購入しておりますので、
作品と照らし合わせた展示物と、
原画の展示が素晴らしかったです。






ゴールデンカムイ展




天から役目なしに降ろされた物はひとつもない。





国立アイヌ民族博物館  




さて国立アイヌ民族博物館を出て、
パノラミックロビーから見えた、
ポロト湖畔を散策しました。



ポロト湖畔  ポロト湖
ポロト湖の案内




伝統的コタン
ポロチセ  ポロチセ内



ポロト湖の北東には、
伝統的コタンが建てられています。



体験交流ホール



最後は体験交流ホールで、
アイヌの歌・踊り・祈り・語りを聞きました。
こちらは撮影禁止で何も残っていませんが、
とても素晴らしくて鳥肌が立ちました。




次の記事
 ↓
makoto-jin-rei.hatenablog.jp







ウィリアム・スミス・クラーク像 その二 (丘の上のクラーク) ~PCX150北海道ソロツーリング四日目-②~

営業時間 9:00~17:00
入場料金 大人530円
062-0045 札幌市豊平区羊ケ丘1 さっぽろ羊ヶ丘展望
公式サイト https://www.hitsujigaoka.jp/?lang=ja#googtrans(ja|ja)












さて新得から札幌に戻りまして、
二日目に時間切れで入れなかった、
羊ヶ丘展望台にやって来ました。
やはり銅像マニアとしては、
北海道でこのスポットは外せません。



羊ヶ丘展望台入場ゲート  羊が丘展望台の駐輪場とPCX150




なんだ入場料かかるだねぇ。
路線バスのお客さんは、
どう支払っているんだろう。



クラーク像  羊ヶ丘展望台と丘の上のクラーク



さて有名なクラーク博士像、
「丘の上のクラーク」、
ウィリアム・スミス・クラークさん。
Boys, be ambitious (少年よ大志を抱け)
で、有名ですが、
この人の後半生は「大志を抱き過ぎ」て、
事業に失敗して散々だったとか。
札幌で過ごした9ヶ月間を、
人生で最も輝かしい時だったと懐かしみ、
失意の中で59歳で亡くなっています。




石原裕次郎歌碑



さて、こちらは一応、
銅像ブログでもございますが、
こちらの石原裕次郎歌碑は、
石原裕次郎浜口庫之助の、
首から上だけなので、
あえてスルー致します。
m(_ _)m



羊ヶ丘レストハウスとオーストリア館  札幌ブランバーチ・チャペル
クラークチャペルとさっぽろ雪まつり資料館



羊ヶ丘レストハウスオーストリア館、
クラークチャペルとさっぽろ雪まつり資料館も、
次の時間の関係で流しました。



ラベンター畑
ラベンダー  ラベンダー近景



やや花の盛りが過ぎていた、
ラベンダー畑もウォークスルーです。



羊ヶ丘展望台からの絶景  羊ヶ丘展望台の景色




もう一度展望台で、
景色を目に焼き付けて、
さて15時00分見学で予約をしている、
白老のウポポイを目指します。




次の記事
 ↓