元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住都心勤務の千葉都民。神社仏閣参拝・歴史探訪、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

↑THE HIGH-LOWS↓について

THE HIGH-LOWS

公式サイト http://www.high-lows.net/





→ ザ・クロマニヨンズ・アルバム「Oi! Um bobo」【初回生産限定盤】
→ ザ・クロマニヨンズ・シングル「オートバイと皮ジャンパーとカレー」【初回生産限定盤・DVD付】
→ ザ・クロマニヨンズ・DVD「MONDO ROCCIA’09.11.11」【初回生産限定盤】
→ ザ・クロマニヨンズ・アルバム「MONDO ROCCIA」【初回生産限定盤・DVD付】
ザ・クロマニヨンズ・シングル「グリセリン・クイーン」【初回生産限定盤】 → その一その二
→ DVD「ブルーハーツが聴こえない HISTORY OF THE BLUE HEARTS」
→ ザ・クロマニヨンズ ・アルバム「FIRE AGE」【初回生産限定盤・DVD付】

→ 「ブルハ」関連の記事
→ 「ハイロウズ」関連の記事
→ 「クロマニヨンズ」関連の記事




雨の勤労感謝の日・・・、
結局、日頃の勤労の疲れ(?)から、
"昼寝の一日"となって終わりました。
そんな訳でまた貯金ネタで失礼致します。




数ヶ月前に、職場の二十代の若者、
"飲兵衛カッシー"(愛称仮称)にねだられて、
ロンドンパンクや、ブルーハーツのCDを、
ちょっとずつ何枚も貸したものなら、
先日その数十枚をいっぺんに返却されて困りました・・・。
膨らむTUMIのブタカバンを担いで帰路を歩いていると、
隣には薄いカバンを肩にかけているタヤパンがいます。
稲城市青少年吹奏楽団の先代団長の彼です。
この手の音楽を聴かないことは、百も承知しておりますが、
重さに耐えかねて、ブルハの初期アルバム三枚と、後期のシングル集と、
DVDを無理矢理に貸し付けてしまいました。
・・・すると、どうでしょう。
意外なことになかなか感想は好評ではないですか。







そんなタヤパンの一番のお気に入りは、
これまた意外なことに「ラブレター」。
そしてこれがそのお勧めのライブ動画です。
うん、・・・確かに渋いです。



さて、何度か似たようなことを書いておりますが、
THE BLUE HEARTSの結成は昭和六十年(1985)。
私は高校一年生の16歳。
ちょうどThe Sex PistlesやThe Clashなど、
パンクロックに嵌っていた頃のことです。
既存の日本のパンクバンドとは一線をひく、
ヒロトマーシーのメッセージ性の強い音楽に惹かれて、
たちまち大ファンになってしまいました。
しかしブルーハーツは、
その後少しずつ音楽性を変えていきます。
そしてその解散は、平成七年(1995)。
私はもう大学を卒業して、結婚した次の年、
もはや26歳になっていました。
翌年にはもう長男が生まれています。



ブルハの解散の後に、
ヒロトマーシーが中心となって結成したのが、
この↑THE HIGH-LOWS↓こと、ハイロウズ
その頃には、新入社員・新婚として忙しく、
とてもパンクロックどころではなかったんですが、
どうもにガッカりしてしまい、
逆に、拒絶反応を起こしておりました。











そしてその数年後・・・、
これまた最悪のピストルズの再結成の武道館来日公演。
ハイロウズはこの前座を引き受けて、
まるでチェッカーズのような衣装を着て、
なんと、ジョニー・ロットンシド・ヴィシャスが大嫌いだった、
ベイ・シティ・ローラーズの、日本語の替え歌と、
訳のわからない"Welcome Pistols"を歌いました。









そして本編(?)は、最悪のおっさん集団。
中年太りして、息切れしていた、
ピエロのようなジョン・ライドンの醜態。
私はこれを観て、ピストルズハイロウズと決別しました。




しかしこれは数年後に知ったのですが、
この道化のようなパフォーマンス、
実はビートルズの来日公演で、
内田裕也*1や尾藤イサオが前座でやった、
­"Welco­me Beatles"のパロディであったのだとか・・・。




flip flop  flip flop(2)  
FLASH~BEST~




さて、ハイロウズの活動期間は、
平成七年(1995)から、平成十七年(2005)の十年間。
私が26歳から36歳までのこと。
正直この間は、このハイロウズのベスト版三枚は買ったものの、
他は、ごくたまにブルハのCDを引っ張り出して聴く程度で、
ヒロトマーシーのファンの空白期間でありました。
ちょうどこの頃は、仕事やプライベート共々、
自分に余裕がなかった頃だったのかもしれません。




平成十八年(2006)、このハイロウズが解散し、
一旦ヒロトマーシーの二人はソロになったものの、
すぐにクロマニヨンズが結成されました。
ここからは再びファンに舞い戻って、
息子達共々親子二代でブルハ、クロマニヨンズのCDを、
車で、家で、擦り切れるほどに聴いていることは、
過去のブログの記事の通りです。




THE HIGH-LOWS  Tigermobile
ロブスター  バームクーヘン
Relaxin’ WITH THE HIGH-LOWS  HOTEL TIKI-POTO
angel beetle  The ★MUSTANG 04-05 [DVD]




最近、改めてこの空白の期間、
ハイロウズのアルバムを聴いてみると、
変わっていたのは、私の感想と、彼らのバンド名だけで、
この間も、ヒロトマーシーはずっとずっと、
彼らのまま、活動を続けていただけだったようです。
うん、やっぱり格好いいじゃん、やっぱり大好きです。
いいねぇ〜、今更ながら、
アルバム全部、欲しくなってしまった・・・。







あたしゃ、もうラブソングとは、
もうご縁のない"卒業"組の、
"枯れオヤジ"ではありますが、
来年三月に結婚するロベルト清水へ、
ハイロウズのこの「千年メダル」を贈ります。




にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← 二つのブログランキングに参加致しております。
人気ブログランキングへ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。

*1:蛇足ではありますが、この人、私の遠い親戚だそうです・・・。