本・書籍・漫画・雑誌

「死は存在しない 〜最先端量子科学が示す新たな仮説〜」(光文社新書)

一見、スピリチュアル系の新書にも見えますが、この本の内容は全く違います。最先端量子科学が示しているかどうかは微妙で著者自身の体験談や映画・小説等の引用にやや強引な一面も無きにしも非ずですが、多くの宗教の教えに対して抱いていた疑問点がこの「…

「W24 日本の凄い神木 : 全都道府県250柱のヌシとそれを守る人に会いに行く」 (地球の歩き方BOOKS)

最初はこのブログにコメントを頂戴しまして今ではTwitterやFacebookで交流があります「神仏探偵」「神木探偵」の本田不二雄さんの最新刊は今日発売の旅の図鑑シリーズ「地球の歩き方BOOKS W24」。

「大名倒産」【上・下】(文春文庫)

今日も冷たい雨の中を東奔西走。出来るだけ在宅勤務で出来る業務を済ませてからランチは自宅にあるもので簡単に済ませました。てな訳で久しぶりの貯金の読書ネタです。

「あきない世傳 金と銀」【⑪〜⑬】(ハルキ文庫)

「あきない世傳 金と銀」13巻にしてついに完結です。

「間宮林蔵」(講談社文庫)

ご存知の通り「間宮林蔵」プチマイブームちうのワタシ。数年ぶりに蔵書の中から、この吉村昭氏の『間宮林蔵』を読み直しました。

「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」(幻冬舎文庫)

文化放送「大竹まことのゴールデンラジオ」で話題になっていたNHKよるドラ「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」を観たら面白くて原作の文庫を購入しちゃいました。

「仏像列島 日本のすごい仏像100」(TJ MOOK)

仏像ヲタではございますがムック本の類はキリがないので最近では滅多に購入しませんがTwitterやFacebookでも交流があります本田不二雄さんの監修とあっては買わない訳には行きません。

Prime Video・TVアニメ「スーパーカブ」(シーズン1)

ライトノベル全7巻を読んだ「スーパーカブ」のテレビアニメがPrime Videoにあったのでシーズン1を観てみました。

「じこまん ~自己漫~」(全3巻)【NICHIBUN COMICS】

『かもめ☆チャンス』の著者・玉井雪雄氏が、アラフォーメタボ男の自転車(ロードバイク)を楽しみつくす方法を描いた「じこまん~自己漫~」全3巻を読んでみました。

「喧嘩両成敗の誕生」(講談社選書メチエ)

「耳鼻削ぎの日本史」がとても面白かったので同じ清水克行さんの著書「喧嘩両成敗の誕生」も読んで見ました。

「耳鼻削ぎの日本史」(文春学藝ライブラリー)

以前「洋泉社歴史新書y」から発行された「耳鼻削ぎの日本史」を探していましたがどうしても手に入らずに諦めておりました。ところが知らぬ間に「文春学藝ライブラリー」で「補論」「再刊」されていたんですね。早速購入しました。

「異界神社 ニッポンの奥宮」(駒草出版)

本田不二雄氏の最新作「異界神社 ニッポンの奥宮」(駒草出版)を予約して購入しました。

「いのちなりけり」「花や散るらん」「影ぞ恋しき」【上・下】(文春文庫) その二

葉室麟氏の最後の小説・遺作である「影ぞ恋しき」が文庫化されました。「いのちなりけり」「花や散るらん」に続く三部作の完結になります。

禁煙十八年達成 〜「禁煙セラピー」その十七〜

「禁煙セラピー」を読んでベビースモーカーだったワタシがきっぱりタバコを止めたのは、平成十五年(2003)6月28日のこと。 本日で禁煙18年達成デス。

断酒一年八ヶ月達成

断酒一年八ヶ月達成しました!

「影ぞ恋しき」【上・下】(文春文庫)

葉室麟氏の最後の小説・遺作である「影ぞ恋しき」が文庫化されました。「いのちなりけり」「花や散るらん」に続く三部作の完結になります。

「縄文神社 首都圏篇」(飛鳥新社)

本田不二雄氏オススメのこの本を購入しました。縄文時代からの聖地であり祈りの場として現在までつながってきた首都圏の「縄文神社」の入門書です。

「胡蝶の夢」【一〜四】(新潮社文庫)

関寛斎プチマイブームで、数十年ぶりに司馬遼太郎「胡蝶の夢」を読み直してみました。

「「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本」(青春出版社)

話題の"断酒のススメ"ベストセラーを断酒一年七ヶ月半の私が読んでみました。

「あい ─ 永遠に在り」(ハルキ文庫)

高田郁さんプチマイブーム到来ちうのワタクシ。「出世花」「みをつくし料理帖」「あきない世傳」の既読の3シリーズは江戸期の架空の女性を主人公としたフィクションですが、この「あい 永遠に在り」は、実在の幕末明治の蘭方医・関寛斎の妻・あいの人生を描…

「あきない世傳 金と銀」【①~⑩】(ハルキ文庫)

「みをつくし料理帖」や「出世花」シリーズでハマった高田郁さんですがなぜか食指が動かなかった「あきない世傳金と銀」シリーズ。タイトルからドロドロとした両替商の話だと勘違いしていました。

「アル中ワンダーランド」(扶桑社文庫)

断酒中のアル中が読む壮絶なアル中の物語。 まんしゅうきつこ →まんきつさんと、ろくでなし子さんは別人デス。

「「日本の伝統」の正体」(新潮文庫)

現在「伝統」と呼ばれている習慣の多くが明治時代以降に定着したものなんだそうデス。

「大獄 西郷青嵐賦」(文春文庫)

葉室麟が一番書きたかった男・西郷の青春期。

「麦と兵隊・土と兵隊」(角川文庫)

どんなに検閲がうるさく、制限がきびしかろうとも、書いておきたいものがあった――

「長く高い壁 The Great Wall」(角川文庫)

この歳になると、本は金銭的にケチらないが時間的にはケチる。もう一生で読める冊数は限られているのだ。つまらない本に時間を割いている暇はない。

「押忍とは何か?」(三五館)

makoto-jin-rei.hatenablog.jp makoto-jin-rei.hatenablog.jp → 「拓殖大学」関連の記事 さて祝日の今日も、 頑張って昼メシ抜き!! 夕方は最後の、 ダイヤモンド富士に、 チャレンジしますが、 とりま貯金の、 読書ネタをUPします。 押忍とは何か?作者:大…

「秘録 島原の乱」(新潮文庫)

→ 「信長の棺」(上・下)文春文庫 → 「秀吉の伽」(上・中・下)文春文庫 → 「明智左馬助の恋」(上・下)文春文庫 → 「謎手本忠臣蔵」(上・中・下)新潮文庫 → 「空白の桶狭間」新潮文庫 → 「神君家康の密書」新潮文庫 → 「宮本武蔵」(上・下)新潮文庫 → 「加藤廣」…

「JR上野駅公園口」(河出文庫)

さて本日も三日目のランチ抜き。 てな訳でブログは貯金の読書ネタです。 アメリカには直木賞・芥川賞のような、 大衆文学・純文学で分けたような文学賞はなく、 全米図書賞というものがあって、 これが最も権威のある文学賞なんだそうです。 ・小説部門(FIC…

「幕末 暗殺!」(中公文庫)

公式サイト https://www.chuko.co.jp/bunko/2020/12/207004.html さて昨日に引き続きまして、 今日もダイエット強化で、 ランチはコンビニにて、 バナナとカルシウムバーで、 簡単に済ませました。 てな訳で貯金の読書ネタデス。 幕末 暗殺! (中公文庫, す25…