元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住都心勤務の千葉都民。神社仏閣参拝・歴史探訪、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

「信長の棺」(上・下)


信長の棺〈上〉 (文春文庫)  信長の棺〈下〉 (文春文庫)



つい先日、引退を表明した元首相が、
首相就任中に絶賛したという、
歴史ミステリーのベストセラーが、
ようやく文庫化されました。




なんだ、「眉唾物」だと、
いぶかしげに読んでみれば、
いやいや、こりゃ、
確かにすんげぇ〜面白い。




信長公記の著者として、
歴史に名を残した太田牛一
彼をこの書の語り手にして、
織田信長の暗殺の謎を追うストーリー。




私が今感じている、
現在の武将の「評価」とは、
かなり違う特徴で進行する展開なのですが、
これはこれで、うん、なるほど、と、
なぜか違和感がありません。




著者の加藤廣さんは、
東大法学部を出て、
ビジネス界のエリートとして、
日本経済界の中心で活躍し、
構想15年を経て、75歳になってから、
この小説を書き下ろしたということです。




中途半端なくだらない、
ハウツーものの、
ビジネス書なんかを読むよりは、
絶対これを読んだほうが、
役に立つような気がします。




人気ブログランキングへ ← 二つのブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← どちらも応援クリックをお願い致します。