元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

ザ・クロマニヨンズ・アルバム 「FIRE AGE」【初回生産限定盤・DVD付】


中学生の頃、
誰にもある反抗期と同時期に、
世界中の大人達や政府に反抗しているかのような、
パンクロックにハマりました。
The Sex PistolsThe Clashにどっぷりと浸かり、
受験勉強なんてまったくせずに、
英語の歌詞の意味も判らないくせに、
ラジカセで大音量で聴きながら、
耳に聞こえる音を、
九官鳥のように声に出してシャウトし、
中指を立てて首をふって踊りまくる・・・。




・・・ほとんど変な宗教のシャーマン以上に、
精神異常の疑いが高い姿であったと思いますが、
今も英語の歌詞やスペルが分からないものの、
鼻歌でほとんど彼等の代表曲が歌えます。




やがて高校生になり、
ジャパニーズ・パンクの活動する、
様々なライブハウスにも足繁く通いましたが、
ロンドンパンクのコピーでは盛り上がったものの、
彼等のオリジナル曲に、
心を動かされることはありませんでした。
そんな時、仲間内で、
「こいつらすげぇーよ。」と、
THE BLUE HEARTSの、
インディーズのレコードを何枚か借りました。




「うぉーっ、なんだ。こいつら、
日本人のくせに、すげぇーじゃん。」




正直それが、その時の感想。
ここではTHE BLUE HEARTSについて、
これ以上書きませんが、
私が今でも定期的に聴いている、
数少ない邦楽のCDは、
ほぼ初期のブルーハーツばかりです。




とにかく、特に、
初期のTHE BLUE HEARTSはいいっ。




ちょっと不本意ではありますが、
今発売されているブルハのCDを、
ただ一枚お薦めするとすれば、
このベスト版をお聴きください。




SUPER BEST

SUPER BEST




ザ・ビートルズが、
ジョン・レノンポール・マッカートニー
ザ・ローリング・ストーンズが、
ミック・ジャガーキース・リチャーズ
そしてザ・クラッシュが、
ジョー・ストラマーとミック・ジョーンズという、
二人の中心人物で構成されていたのと同じく、
ブルーハーツも、
甲本ヒロト真島昌利という二人が、
ほぼすべての曲を作り、歌っています。




ブルーハーツは後半ちょっと、
なんだか??なメッセージ性が強いバンドとなって解散し、
その二人はそのまま、
↑THE HIGH-LOWS↓ザ・ハイロウズ)を結成しますが、
これも私にはちょっと??でした。




このハイロウズは2005年に活動を休止し、
そのまま二人は新たに、
ザ・クロマニヨンズを結成します。




私、クロマニヨンズは単純?で、
楽しくて大好きです。




子供達も初期のブルハと、
クロマニヨンズが大好きで、
彼等の鼻歌は、彼等の曲か、
クレージーキャッツのものばかり・・・。
変な小3と小6に仕上げてしまったのは私です。




さて、そしてその三枚目のアルバム、
『FIRE AGE』が、今日発売されたのです。
実は昨日、これ買いました。




FIRE AGE(初回生産限定盤)(DVD付)

FIRE AGE(初回生産限定盤)(DVD付)





私が普段聴いている音楽は洋楽ばかりで、
ほとんどもう鬼籍の人ばかりですが、
最近、発売日に買うCDといえば、
このクロマニヨンズと、
電気グルーヴだけなのです。




なんと同日に、
この二つのアーティストのアルバムが発売ですか・・・。
YELLOW(初回生産限定盤)(DVD付)
切手蒐集で金欠なので、
こちらは、中古を狙います。(笑)




さて、『FIRE AGE』。
正直、NHKの教育テレビに流れるような歌詞の曲を、
アルバムに曲名のあるような、
エイトビート」でシャウトしているような、
とっても軽い(?)曲の数々。




でもそれがいいんだなぁ。





甲本も真島も、
もう45歳と46歳。
人生の先輩としても、
ほんと、かっこいいと思う。




軽い歌詞?。
いやいやよく聴けば、
小さな宝石のようなメッセージ。




ただ生きる 生きてやる
呼吸をとめてなるものか

明日はなくとも 今はあるだろう

変わらないものなんか 何ひとつないけれど
変るスピードが 違ったんだな

太陽いつも ありがとう
おかげで今日も あたたかい
富士山はしろく 空はあおあおあお
太陽いつも ありがとう
おかげで今日も 元気だよ

人類はわりと最低だけど
人類はてんで最高なんだぜ



こんな歌詞の曲が、さらりと歌えるのは、
彼等二人のバンド以外にありません。








人気ブログランキングへ ← 二つのブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。