元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

い志ばし

286-0001 成田市船形910-1




→ タヤパンのブログ - FC2 BLOG パスワード認証




昨年の晩秋、タヤパンが、
「御祓いがしたい。」
と、いうことで、
成田山を勧め、
だったら、
「うなぎが食べたい。」
と、いうことで、
こちらを勧めました。




成田山には何度かお参りしているものの、
この鰻屋さんに、最後に伺ったのは、
おそらく学生時代?、
浪人時代?のこと。
佐倉在住の友達と、
原付で来たのが最後だと思い出されます。
何年ぶりのことでしょう。
迷いながら行ってみました。




印旛沼の東湖畔



もう午後三時を過ぎています。
もはや夕日になりかけた、
印旛沼の東の湖畔の片隅の・・・、




い志ばし




広大な田園にぽつりと浮かぶ、
まさに「掘っ立て小屋」のような、
プレハブの「い志ばし」さんです。




い志ばし(裏)



子供が近づくと吼える犬が牙を剥き、
大歓迎してくれる裏手に車を停め、
掘っ立て小屋の裏に参ります。




メニュー



人数を告げ、メニューをみて注文。
ここは父ちゃんの奢りの約束ですが、
てやんでぃ、しゃらくせー、人数分(四人)、特上でぃ。




番号札



番号札をもらい、
後は大人しく順番を待ちます。
寒空の下、待つこと約一時間、
ようやくテーブルに通されました。
だってテーブルは四つしかないのです・・・。




うな重・特上(1890円)




席に着くと、ほどなくやって来ました、
お待ちかねの「うな重・特上」(1890円)×4=7560円。
肝吸いとお新香と佃煮とメロンが付いています。



ぷりぷりのうなぎ




ぷりっぷりのうなぎです。
蒸さずに、白焼きにして、
タレにつけて、また焼いているそうで、
他で知っているうなぎの蒲焼とは、
まるで食感が違います。
時代小説・歴史小説を読む限り、
これは越中島辺りで辻売りされていた、
原始的な調理法であり、
当時は「脂が多すぎ」て、
重度の肉体労働者以外では敬遠されたと聞きますが、
現代人の味覚でいえば、
さほど「脂が多すぎ」とも思えません。




いや、ほんと、美味かった。




こちらもまた来年、再来年と伺いますよ。




人気ブログランキングへ ← 二つののブログランキングに参加致しております。
にほんブログ村 グルメブログへ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。