元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

ラーメン二郎 茨城守谷店 その二  〜後輩達の高校野球 その四〜

営業時間 11:30〜14:30/18:00〜21:00
定休日 水(祝の場合は翌日)
302-0124 守谷市美園4-1-5





ラーメン二郎 茨城守谷店 → その一
→ 「ラーメン二郎」関連の記事
→ ラーメン二郎戦記
後輩達の高校野球 その → 三〜やちひが賛歌 





三連休二日目、朝起きてふと急に、
柏の葉球場での母校・八千代東高の野球観戦と、
二度目のラーメン二郎茨城守谷店の、
長距離サイクリングを思いついて、
6時半に習志野の自宅を出発いたしました。




柏市に到達





50分ほどでがらりと空気が変わり、
家から約20Km弱で、第一目的地のある、
柏市内に到達しましたが、
ここはまだ旧の沼南町であり、
柏の葉は市内を北西に縦断しなければならず、
まだ約10Km以上も離れています。



柏の葉公園球場  試合前のシートノック



一時間半かかってちょうど午前8時、
柏の葉公園野球場に到着しました。
まだ試合前のシートノックの時間でした。




応援団  試合開始前の八千東ナイン




気合の入った八千代東ナインと応援団。
甲子園に出場したのはもう五年も前になるんだな。
ベスト16をかけた四回戦の今日の相手は、
シード校の強豪・流経大柏高。




プレイボール  エース・完倉投手




8時45分プレイボール。
八千東のエース・完倉投手。
低め低めの球がきっちり入るなかなかいいピッチャー。
さて試合は息詰まる投手戦になり、
五回表に流経大が一点先制するも、
七回裏に八千東打線が猛攻し、
一死二塁三塁。
しかし飛出した三塁ランナーが戻った際の、
ジャッジをめぐり試合が中断。
三塁塁審が一瞬セーフと判断したことによるプレイなのに、
集まった審判団は、二塁・三塁ランナーともに、
アウトであると判断してスリーアウトチェンジと、
主審のマイクの説明です。
呆然とする八千東ナイン。
しばらくバッター、ランナーは、
そのままそこに残り続けたものの、
主審の「戻ってください」という指示に、
渋々ベンチに戻りました。
これはくやしい、くやしすぎる。。。
このまま負けてなるものか。




九回裏のチャンス  延長戦に突入




もうダメかと皆あきらめかけた、
九回裏一死一塁。
バッターは四番キャッチャー加藤。
これまでいいところのなかった加藤が、
送りバントではなく、
思い切って振り抜いた打球は、
レフトを越える二塁打!!!!!。
一塁ランナーが生還。
大絶叫の三塁側スタンドの応援席。
私も知らないおばさんと、
肩をつかみ合って飛び跳ねてしまった。(^^;
しかし残念ながら、
サヨナラには出来ずに延長戦に突入。




ゲームセット  流経大柏校歌斉唱




しかし結局は12回途中まで投げた、
エース完倉が力尽き、
交代した二人のピッチャーが、
袋叩きにあって、
一挙七点を奪われて試合は破れました。



試合終了後のスコアボード



終わってみれば8-1という大差のスコアだけど、
けしてそんな一方的な試合ではありません。




試合後の八千東ナイン  涙にむせぶ選手




試合後、涙にむせぶ八千東ナイン。
いや、ホント頑張った。良くやった。
ここまでチャリで来て観た甲斐のある、
本当に素晴らしい試合でした。
感動をありがとう。



柏の田園1  柏の田園2




さて、爽やかな感動と一抹の悔しさを胸に、
私は第二目的地の茨城県守谷市へと向かいます。
広大な利根川沿い柏の田園を駆け抜ける、
気持ちのよいサイクリング。





千葉・茨城県境





利根川の上の千葉県柏市茨城県取手市の県境。
10kmほどで、第二目的地の守谷市内に到着です。





ラーメン二郎 茨城守谷店



さて到着しました二度目の訪問、
ラーメン二郎・茨城守谷店。



券売機  店内




タイミングがよくて店内ウエイティング席を確保。
リュックの中に梱包材まで持参したのに、
価格高騰からかブタの持ち帰りはやっていません。




小ラーメン豚入り(800円)ヤサイ+生卵(50円)





小ラーメン豚入り(800円)ヤサイ+生卵(50円)。





ヤサイの山  小ラーメン豚入り【上】



うっすらとニンニク味のする独特のヤサイの山。



豚  麺



ブタはしっとりとしていて、
麺はちょっとカタメです。



すき焼き二郎  スープ




すき焼き二郎が良く合うタイプ。
前回はスープがもっと乳化していてたような記憶があります。





食後の行列





さて、食後は店外にも行列が伸びていました。
相変わらず女性・家族同伴率の高い二郎です。





千葉へと戻る  茨城・千葉県境





満腹の腹をかかえて、
ヨロヨロとペダルをこぎ、
千葉、習志野へ帰りましょう。
iPhoneの地図で検索すると、
家までは約40kmです。(;_;)




我孫子の祭礼1  我孫子の祭礼2




途中、我孫子市内の祭礼で、
交通規制にあって大きく迂回。



手賀大橋




手賀沼・手賀大橋を越えて、
柏、鎌ケ谷、船橋をぬけ、
2時間近くかかって習志野に帰りました。





日焼け



全走行距離 76.76km
全走行時間 4:12.59
平均速度  18.2km/h
最高速度  43.6km/h

顔や、腕はこの通りのドカチン日焼けになってしまった。
でも楽しいサイクリングの一日でした。



朝日新聞の記事