そばうどん 丹波屋 その二

営業時間 7:00〜23:30
定休日 日・祝
105-0004 港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル1F





そばうどん 丹波屋 → その一





そばうどん 丹波屋
嘉味庵の麺箱  京香?の麺箱





ニュー新橋ビル一階の西側にある、
立ち喰い蕎麦の丹波屋さんの前を通ると、
店頭にこの「嘉味庵」の麺箱がありました。
あれ?、確かここの蕎麦は、
北海道幌加内産とのことでしたが、
茹で置きを湯がくもので、
蕎麦自体にあまりいい印象はありません。
「京香」と書かれた麺箱もありますが、
蕎麦と饂飩で業者を分けているのだろうか?




→ 「嘉味庵」関連の記事




店頭のメニュー




日比谷勤務時代には何度も伺いましたが、
ブログでは二年半ぶりの”その二”です。
メニューはほとんど変わりがありませんが、
いくつか値段が+10円上がっています。
店内は年配の男性店主に、
お馴染みのガンダーラ彫刻のような、
オリエンタル女性と、
初めてみるラテン系の女性の、
インターナショナルな三人体制。




春菊天そば(380円)+ミニカレー(280円)





春菊天そば(380円)+ミニカレー(280円)。




春菊天そば  蕎麦を手繰る





春菊天が揚げてから、
しばらく経っていたようで、
つゆに溶けてしまい、
シナシナになってしまいましたが、
それはそれで嫌いではありません。
蕎麦はやはり茹で置きで、
コシのないもの。
日高産昆布と、
枕崎産鰹節の薄口のつゆは、
相変わらず美味いです。





ミニカレー  スプーン上げ




カレーは数年ぶりですが、
オリエンタル美女のつくる本格派で、
専門店顔負けのコクと香り。
ミニにしないで、
レギュラーサイズにすればよかったなぁ。




KK




あまり夏向きとはいえない、
小さな暑い店内にて、
大汗を掻きながらも、
大満足KKでございます。