元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

Prime Video「マグニフィセント・セブン」

公式サイト http://bd-dvd.sonypictures.jp/magnificent7/






→ 「黒澤明」関連の記事
黒澤明監督作品と「スター・ウォーズ」シリーズ → その一その二
→ 「黒澤明という時代」
→ 「男の仕事、男の一生について」思う黒澤明監督作品の二作について
→ DVD「羅生門」
→ DVD「姿三四郎」・「續姿三四郎」
→ DVD「一番美しく」





七人の侍

七人の侍




ご存知の通り、
黒澤明作品が大好きなもので、
七人の侍」はマストですが、
実は「荒野の七人」はキライなんデス。







セルジオ・レオーネ監督の、
「荒野の用心棒」は、
「盗作」とされるほどに、
「用心棒」の「完全コピー」でしたが、
正直キライではありません。
いや「荒野の七人」がキライなのは、
黒澤明作品のテーマに反し、
何かアメリカ開拓時代の精神を、
無理矢理にこじつけているようなところ。
そしてリアリティも薄くチンケでした。




今回のこの「マグニフィセント・セブン」は、
もう少し本家の「七人の侍」の、
「魂を受け継ぐ」ものと期待しましたが、
結局は、やはり「荒野の七人」のリメークで、
前作のアメリカ的な世界観を、
現代的に深めただけに過ぎませんでした...。




国民性が全く異なるので、
あの「七人の侍」の世界観は、
やはり理解出来ないのだと思います。
・・・残念デス。