元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住都心勤務の千葉都民。神社仏閣参拝・歴史探訪、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

そばうどん はないち

営業時間 11:00〜22:40(日祝11:00〜18:00)
定休日 なし
100-0006 千代田区有楽町2-9-16



はないち




・・・てな訳で、
この世界の平和を守る為、
自らの健康と財布の中身を犠牲にして、
一日二杯完飲完食=1D2C-KKは、
匿名希望のブログ読者様より、
情報を頂いた有楽町のはないちさん。
なんでも春菊天蕎麦が、
おくとねの舞茸天に負けず劣らず、
丼ぶりからはみ出しているとのこと。
長年、日比谷の事業所に勤め、
有楽町は庭のようなものでしたが、
なぜかご縁がなかったはないちどん。
左がそばうどん店で、
右と二階が居酒屋「酒はないち」です。
あれ?、「酒」は酔っ払って、
二軒目の銀座のクラブ接待の後に、
先日亡くなった当時の園長と二人で、
三軒目に寄ったことあるかもしれん?




店頭のメニュー  券売機



所謂、駅そば価格よりも、
数十円高い値段設定。
券売機は意外にも、
ハイテクなタッチパネル。



店内  卓上の調味料



固定されたイスが8脚の、
カウンターのみの店内。
卓上の調味料は、
この手の店に珍しく、
一味唐辛子と醤油です。



春菊そば(400円)+大盛(100円)




春菊そば(400円)+大盛(100円)。





春菊そばを手繰る





春菊天は巨大な揚げたてが二つ。
確かにこれが単品百円とは驚きです。
蕎麦はややコシが弱いものの、
ちゃんと蕎麦の香りがあり、
大盛の量もかなりのものです。
つゆはカエシもダシもやや弱く、
チョット残念。
しかしこれがワンコインとは、
満足度はかなり高いデス。



KK




さて無事に1D2C-KKを完遂しました。
世界は救われましたが、
流石に巨大な天ぷら二品で、
ワタシの血中脂肪は上昇ちうです。