元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

「罪の声」(講談社文庫)

罪の声 (講談社文庫)

罪の声 (講談社文庫)



実際にあった未解決事件の、
真相を想像して描いた、
ミステリー小説は、
古今東西山ほどありますが、
ここまでリアリティがあって、
「これが真相に近いのかも?」
と、真面目に考えてしまう、
ノンフィクション作品は、
そうそう多くありません。




京都でテーラーを営む曽根俊也。
自宅で偶然に見つけた、
古いカセットテープを再生すると、
次の場所を指図する幼い少年の声が。
それはあの日本を震撼させた、
脅迫事件に使われた録音だった。



「これは、自分の声だ」




第7回山田風太郎賞
週刊文春ミステリーベスト10」第1位、
本屋大賞第3位を次々と受賞。





実名を避けておりますが、
あのグリコ森永事件を綿密に取材し、
「真実」を紡ぎ出した傑作。
読み終えて、実際の事件の経緯を、
調べてみましたが、
全く矛盾が見つかりません。
「テープの声」の曽根俊也と、
イヤイヤ担当につかされた、
文化部の新聞記者の阿久津英士が、
同い年で同時に事件を調べ始め、
いきつく出会いと真相。
イヤこりゃマジで面白い。



久しぶりに三回連続で読んだ小説でした。






gendai.ismedia.jp