元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住東京勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

千葉神社

青葉の森公園の変な彫刻

妙見本宮
祭神 天之御中主大神=北辰妙見尊星王
260-0018 千葉市中央区院内1-16-1
公式サイト http://chibajinja.hp.infoseek.co.jp/




三浦佑之氏の「古事記三部作」で、
すっかり第?次「古事記マイブーム」が到来している私です。
古事記の冒頭、つまり現代でいうビッグバンともいえる、
宇宙の始まりのはこう記されています。





「天地初発之時於高天原成神名天之御中主神
天(アメ)と地(ツチ)とが、初めて姿を見せた時に、高天(たかま)の原に成り出た神の名はアメノミナカヌシノカミだ。



つまり高天原に最初に現れた神様は、
天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)だと書いてあるんです。




さて、この神様を祀っている神社はどこでしょう。
・・・実はあまり多くありません。
古事記もこの冒頭部分だけの登場で、
後には二度と登場しません。
日本書紀にもこの神は「一書第四」に一度登場するだけ・・・。




ちょいとググッてみれば、
一番近いは、
千葉市にあるこちら、
千葉神社のご祭神が、
天之御中主神だそうなので、
さっそくお参りしてみました。
大鳥居
千葉神社というのは、
なぜかあまりに歴史に登場しません。
ですから私、
今までお参りしたことがなかったのですが、
なんとこちら、
明治の神仏分離令までは、
ほぇっ〜、
お寺だったんですよ。

[神仏分離令前]
北斗山 金剛授寺 尊光院
本尊 妙見菩薩
宗派 真言宗


・・・はは〜ん。




千葉氏一族が篤く信仰した妙見菩薩
つまり、妙見尊(北斗星)が、
北の夜空にまったく動かないことから、
これを宇宙の中心と考え、
天之御中主神と同一であるとし、
明治の神仏分離を機に、
仏教から神道に移行したという訳です。




真言密教でいうところの宇宙の中心は、
言わずと知れた大日如来ですから、
あれ、おかしい・・・とは思ったんですよ。
尊星殿  重層社殿
この尊星殿、重層社殿といった雰囲気は、
やはり、神道とは少し違う印象を与えます。
やはりこちらは「妙見本宮」なのです。
妙見菩薩を祀る寺院は、
日蓮宗が多いのですが、
こちらに残る寺伝によれば、
日蓮が宗門弘通の誓願で、
こちらに参籠し、
「この妙見尊こそ我が宗門の守護神である。」
と、細事法華経を奉納した。
と、あるそうです。
千葉天神
はてなキーワードの「千葉神社」。
「千葉県内最大の天神さま」と、ありますが、
それは間違い。
正しくは、境内社にこちらの「千葉天神」があるのです。
元々「千葉神社」が「寺」で、
神仏習合で、この天神様「神社」があった訳ですが、
元々の「寺」が「神社」になってしまって、
隣にもう一つ「天神社」がある訳で・・・。
はてなキーワードの登録者が、
間違えてしまうのも仕方ありません。




なお蛇足にはなりますが、
幕末の剣豪、千葉周作が、
流派の名を「北辰一刀流」としたのは、
この千葉氏が篤く信仰した、
「北辰妙見尊星王」から、
由来したものなのでしょう。




にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ←  二つのランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ ←  応援クリックをお願いします。

【坂東第二十九番】海上山 歓喜院 千葉寺 その二

宗派 真言宗豊山派
本尊 十一面観世音菩薩
ご詠歌 千葉寺へ 詣でる吾が身も たのもしや 岸うつ波に 船ぞうかぶる
260-0844 千葉市中央区千葉寺町161




海上山 歓喜院 千葉寺 その一




前回、二年前の四月に、
こちらにお参りしたのは、
まだ坂東三十三観音巡礼を始める前で、
加曽利貝塚のついででした。
今日は是非お参りして、
ちゃんと納経しご朱印を頂戴しましょう、
仁王門
古刹を感じさせる立派な仁王門。
阿形  吽形
阿吽の仁王尊は、
赤一色のまっかっか。
・・・なかなか迫力です。
大イチョウ
前回もあまりに巨大で感動した大イチョウ
やっぱり、俺、巨木って好きだなぁ・・・。
つまんないちっちゃいこと、
どーでもよくなれちゃうよねぇ。
大師堂
イチョウの右手にある大師堂です。
こちらは関東八十八ヶ所の第四十七番札所でもあります。
本堂  本堂の三つの紋
本堂に紋が三つあります。
月星紋
やはり千葉氏の祈願寺ですから、
左の扉には千葉氏宗家の「月星紋」。
豊山派の宗紋 
中心上には真言宗豊山派の宗紋。
九曜
そして右の扉には千葉氏一族が好んだ多曜紋 。
こちらは「九曜紋」です。




こちらも千葉氏の篤い信仰を受けたとされていますが、
千葉神社では同じ「月星紋」と、
こちらより一曜(?)多い、
「満月に九曜(十曜)」がありましたから、
これは、なにやら複雑な、
本家と分家の小競り合いのようなものを想像させます。
ご朱印   




人気ブログランキングへ ← 二つのランキングに参加しています。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← 応援クリックをお願いします。

千葉県立青葉の森公園・千葉県立中央博物館

260-8682 千葉市中央区青葉町955-2
公式サイト http://www.chiba-muse.or.jp/NATURAL/ 
千葉県立中央博物館
今日はあくまで子供たちに・・・、
青葉の森公園に遊びに行こう。」と誘いました。
ともかく今日、この博物館は、
私も子供たちも楽しめる、
「折衷案」の施設なのです。
化石が語る熱帯の海
平成19年6月30日(土)〜9月2日(日)まで、
企画展「化石が語る熱帯の海」が開催されています。
パレオパラドキシア
企画展は写真がOK。
我が子とパレオパラドキシアのスリーショットは嬉しいですね。
サメの顎の骨格
常設展の、
①「房総の地学」、
②「房総の生物」、
③「海洋」、
④「生物の分類」や、
⑥「自然と人間のかかわり」、
[野外の博物館]生態園は、
なかなかどーして、たいしたもの。
「理科」に関しては及第点。
ですが、
「社会科」の部分、
⑤「房総の歴史」は、
全然ダメダメ。




安易な複製だのレプリカが多すぎます。




すごい物の複製品よりも、
身近な本物が見たいんです。




・・・それが博物館でしょ。




さてさて、博物館を見終えたら、
大好きなミュージアムショップに寄ります。




こちらには面白いガシャポンがありました。       
埴輪・土器のフィギュア

歴史ミュージアム・埴輪と土偶+土器     



ハート型土偶(左・縄文後期・群馬県出土)
火焔式土器(中央・縄文中期・新潟県出土)
みみずく土器(右・縄文後期・埼玉県出土)
200円×3=600円。

すっげぇ、リアル。
すごい、すごい。




楽しいなぁ・・・。
もっとやって、
全種類を揃えれば良かったな。
      



にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ ←  二つのランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ ←  応援クリックをお願いします。