元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

【江戸六地蔵新第六番】東叡山 浄名院

山門

造立 第七番(新第六番) 明治39年(1906)
宗派 天台宗
本尊 阿弥陀如来
110-0002 台東区上野桜木2-6-4




さて、江戸六地蔵もこちらで最後。
寛永寺の裏にあるこちら。塔頭ですね。
山号寛永寺と同じ「東の比叡山」こと「東叡山」です。
不許葷酒入門内  
山門前には見慣れたこの石碑*1
今日は二日酔いでもなく、
ラーメン二郎も食べていないので、
堂々と門をくぐりましょう。
地蔵尊   
こちらは、永代寺のお地蔵様が消失してしまったことと、
日露戦争の戦死者を供養する為に、
明治になって建立されました。
今年でちょうど100歳ですね。
オリジナルの他の五体と比べれば二まわりほど小さいかな。
お顔もちょっと若い感じがします。
後付でしょうか、オプションでしょうか、
背に円光を背負っていらっしゃいますが、
その上に笠をかぶっているのでちょっと変です・・・。
円光に笠   


本堂には中心に阿弥陀三尊像、
右手に毘沙門天が祀られていますが、
左手には水子地蔵尊がある他、
このお寺は様々なお地蔵様に溢れています。
うかがい地蔵
よく分からなかったこちらの「うかがい地蔵」や、
八万四千体地蔵1 八万四千体地蔵2 
境内には所狭しと並び、今も増えつつある八万四千体地蔵尊
総本尊地蔵
すべてにお参りするのは時間的に不可能ですから、
真ん中の地蔵堂に鎮座する総本尊地蔵尊にお参りしました。
ご朱印   


地蔵尊大集合のこちらのお寺をもちまして、
無事、江戸六地蔵尊参りを結願とさせて頂きます。
ありがとうございました。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
人気ブログランキングへ

*1:臭気の強いネギ・ニラ・ニンニクなどの野菜や、酒は、心を乱し修行の妨げになるので、この門内に入ることを許さない。