元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住東京勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

リトル小岩井

100-0004 千代田区大手町1-6-1 大手町ビルB2




さて毎週お馴染みの無償の早出の金曜日。
朝五時起きでセントラル動物園の朝礼が終わったら、
いつも通り神田の分園で出張朝礼です。
その後はそのまま大手町の顧客に伺って、
来週月曜の接待ご招待の打ち合わせ。
そうそうこのビルB2には、
路スパ」の名店がありましたっけ。




路スパ」って分りますか?。




立ち食いそば店は、
よく「駅そば」「立そば」とも称されますが、
すべてが駅に近い店ばかりという訳ではなく、
むしろ駅から遠い店に美味い店が多くて、
またイスのある店もあるものですから、
私を含める多くの「立そばラー」は、
こういった主にカウンター中心の蕎麦店を、
路そば」と呼び親しみます。




この「路そば」に対抗したかのように、
おしゃれなイタ飯屋ではない、
カウンター中心のスパゲッティ店を、
路スパ」と呼ぶのです。




ジャポネ その → 




路スパ」店の雄、
スパゲッティ界のラーメン二郎こと、
有楽町のジャポネについては過去にここに二度書きました。
日比谷動物園時代にはテイクアウトも含めると、
幾度も幾度もお世話になった「バカ盛り」店です。





真偽は定かではありませんが、
大手町ビルの地下には、
この「ジャポネの店主の修業元」であるとか、
いやその逆で「ジャポネで修業した店主」とか、
はたまた「ただの姉妹店」にすぎぬとか、
いやいや「まったく関係ない」とか、
両ファンが喧々諤々と噂する、
路スパ」店があることは、
知識としては知っていました。




何度か様子を伺ったこともありますが、
昼時はいつも凄い行列で、
尻尾を巻いておりました。
しかし今日はまだ開店間近かの、
午前10時少しを過ぎたばかり。
まだあまりお腹はすいていませんが、
お昼時には会社に戻らねばなりません。
昼飯ブログ五日目はここにしましょう。






リトル小岩井




リトル小岩井さんです。
調理パンのテイクアウトがメインのお店で、
扱っている牛乳は「小岩井」ですが、
その資本関係(?)は不明です。
そういえばジャポネの牛乳も「小岩井」でした。




壁のメニュー




壁のメニューはこんな感じ。
その名もすばり「ジャポネ」があります。
「ジャポネの店主の修業元」という説が有力に思えます。




キャベツの酢漬けとテーブルの調味料





ジャポネ同様「ほら、バンバンかけろや。」
と、いわんばかりの粉チーズ。
しかしジャポネにはない突き出しで、
キャベツの酢漬けが付きます。
これを大盛りにしたい方は「別盛り」(50円)を選びます。




ジャポネ(510円)+大盛り(50円)





ジャポネ(510円)+大盛り(50円)です。




有楽町ほどの大盛りでもなく、
またジャンク感はあるものの、
B級度の低い完成度のある大人しさ。
ニンニク醤油の香りが深いスパでした。




でもいいねぇ〜。なんか、ここ。
ジャポネ同様、全メニュー制覇したくなるような、
やはりジロリアン心をくすぐる何かが、
確かに根底に流れていると感じました。




にほ
んブログ村 グルメブログへ ← 二つのブログランキングに参加しております。
人気ブ
ログランキングへ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。