元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

踵が痛い・・・その九


踵が痛い・・・ その → 
→ 「踵」の検索結果一覧 - 旧・元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】跡地
→ 保険診療とその使用できる医薬品について - 旧・元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】跡地




今週初めて迎えた、比較的平穏な朝。
しかし二年前のアクシデントの損害賠償の件で、
殿に対する経緯報告書・特別申請書の作成に勤しみます・・・。
賠償相手方からは何度か催促の電話が入るものの、
居留守をつかって逃げながら、
園長他、管理部門と各方面をつつっく私。
まったく経験はありませんが、
借金取りに追われる気持ちって、
こんな感じなのかもしれない。




お昼休みは、二週間ぶりの通院です。
さて、私が通っているこの病院の皮膚科は、
曜日別に二名の先生の交代制です。
どちらも美しい女医さんですが、
なぜか"丸の内分園"の朝礼の後に伺うことが多かったので、
火曜日ばかりに受診しておりました。
今日木曜日は、火曜日の先生とは違います。



二週間前の液体窒素で焼かれた痛みは、
まだ記憶に新しく、身体が生々しく覚えていますが、
「どうします?!、焼きますか、それとも塗り薬に戻しますか??」
と、の先生の問いに、
「えーいっ、焼いておくんなまし。」と答える私。
しかし、この先生の"焼き"は想像以上にキツかった・・・。




(≧д≦)




患部は左足に二ヶ所、右足に一ヶ所。
左足の二ヶ所の処置ですでに気絶寸前の激痛ですが、
「はい、おしまいでーす。」との先生の天使のような声。
どうやら右足をお忘れの様子。
このまま、帰りたかった気持ちもありますが、
えーい、もうイヤン・・・。うるんだ目で、
「・・・しぇんしぇい、右足にもお願いしましゅ。」





ウぎャ、ウげゃゲゃーっっ。(>0<)




なんだか、ヘンなプレーのよう。ヾ(´ε`*)ゝ




またまた、ひょこひょこと足を引きずる生活に戻った私。
この歩き方をしていると、かばっているせいか、
別に、膝が痛くなってしまいました。




足の痛みに悩ませ続けられた、
大厄の本厄が、あと半月で終わろうとしております。




人気ブログランキングへ ← 二つのブログランキングに参加致しております。 
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。