元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

信州別所温泉 観音様となりの宿 かしわや本店

386-1431 上田市別所温泉1654
公式サイト http://www.kashiwayahonten.com/




かしわや本店   かしわや本店 本館



さて今回の旅行の宿は、
信州別所温泉
北向観音堂に隣接する、
創業百四十余年の老舗旅館、
観音様となりの宿・かしわや本店さん。



ロビー  抹茶とお菓子



車は敷地入口で誘導され、
正面玄関に横付けされて、
意外なことにバレーサービス。
この落ち着いたロビーで、
チェックインを待つ間、
この抹茶と和菓子のサービスが、
とてもきめ細やかな嬉しい心配り。




別所温泉古写真  館内見取り図  



日本武尊発見ともされる、
信州最古の別所温泉ですから、
展示されている古い絵葉書の写真で、
古くからの賑わいが偲ばれます。
ここかしわや本店は、
築百四十余年の本館と、
増改築された新館が、
迷路のようにつながっていますが、
不思議なことに上手く調和されていて、
重厚な雰囲気を醸し出しています。



宮家・華族の宿泊  柏屋の看板



戦前から皇族・華族も宿泊なさっていたようです。
歴史のある看板はロビーの中に掲げられていて、
「柏屋旅館」という漢字表記になっていました。



別館 四季亭   別館四季亭の廊下と中庭




さて、我々の今夜の部屋は、
本館向かいの別館・四季亭です。
部屋に露天風呂が付いている部屋は、
先月の申し込み時すでに全室満室でした。



神楽月の間  部屋の窓から温泉薬師瑠璃殿を望む



我々の部屋は神楽月の間です。
十畳と、次の間六畳の二室。
次の間の窓からは、
北向観音の温泉薬師瑠璃殿が望めます。



露天風呂  岩風呂


お風呂は、露天風呂や岩風呂、檜風呂が、
時間制で、男女・貸切と入れ替わります。




悠々の湯



食前食後、深夜早朝、
なんだかんだと、
ほとんどのお風呂に入りました。



地酒利き酒コーナー  地酒



さて夕食は担当の仲居さんが迎えに来て、
本館二階の食事処に案内されます。
途中、この利き酒コーナーで、
地酒の試飲をさせて頂き、
こちらで選んだお酒を、
後ほど冷やして出してくれるんです。



食事処の個室  献立


食事処は和室の個室ですが、
テーブルにイスですので、
浴衣でも落ち着いて食事が楽しめます。
献立には「○○様」と名前入り。



生ビール  北向観音護摩法要された純米冷酒


まずは生ビールで母と乾杯。
知らず間に申し込んでいたコースは、
酒宴コースとのことで、
先ほど選んだ純米酒が、
北向観音護摩祈祷のミニボトルで、
人数分の4本戴けるようですが、
息子ら二人は未成年。
2本は部屋の冷蔵庫にお願いしました。



信州和牛の柏もちと桑の葉ムース  吸い物 別所豆腐の的真丈



まずは先付、
信州和牛の柏もちと桑の葉ムース。
そして別所豆腐の的真丈のお吸い物。



酒宴 三段重



今回のこの酒宴コースは、
この三段重での料理提供とのこと。



一ノ重  ニノ重 海と川の幸  



六文銭風林火山はためく一ノ重は、
珍味中心の酒肴メニュー。
ニノ重は海と川の幸とされたおつくり。
ヤバイ、こりゃ日本酒に堪らない。



三ノ重 信州和牛  信州和牛石焼



そしてメインと思われる三ノ重は、
信州和牛が鎮座しており、
これを固形燃料で熱した、
石板で焼き頂きます。
こりゃ美味くない訳がない!



鯉茶漬け  わらび餅




食事は味が濃厚な鯉茶漬け。
当然ながら全く臭みはありません。
デザートはやはり名物のわらび餅。
あまり若い客層を見慣れていない仲居さん。
さかんに子供らにご飯が足りたかどうだか、
ずっと心配してくださいましたが、
おかげさまで四人ともに大満足です。



食事処の天袋  天袋の襖の裏


食事を終えた次男が、
築百四十余年の建物に興味津々。
天袋の襖を外し裏側をみると、
帳簿の紙の再利用なんでしょうか、
こんな古文書(?)を発見しました。
f^_^;



部屋に用意されていた夜食  おにぎりとお新香


さて、本館食事処から、
別館の部屋に戻ると、
冷蔵庫に冷えた冷酒、
そして布団の脇のテーブルには、
このおにぎりとお新香の夜食があります。
なんと行き届いたサービスでしょうか!


そして就寝。
朝五時には北向観音から鐘の音が鳴り響き、
とても厳かに朝の目覚めを迎えます。



食事処からの眺め  朝食



朝食も同じ食事処の個室です。
様々な野鳥が朝のさえずりを聞かせてくれます。
夕食後露天風呂に入った母は、
山の斜面から顔を出した、
ハクビシンに驚いたそうで。


りんごジュースと蕎麦



濃厚なリンゴジュースと、
さすが信州の蕎麦は最高。



朝食の重  朝食の重の中



朝食も夕食同様にお重での提供。
これから運転がなければ、
これで朝から一杯やりたかった。
(T . T)



手作り豆腐  温野菜と味噌汁



温泉の湯で湯がいて食べる、
この手作り豆腐が特に美味かったな〜。
味噌汁も変に格好付けていなくて、
具沢山と、信州味噌と出汁で、
朝から胃にスーと沁み渡りました。



コーヒーサービス  談話室 



朝食後のロビーのコーヒーサービスも嬉しい限り。
喫煙者にもこの図書室兼の談話室があるなど、
さすがの心配りに何度も驚かされた旅館でした。
とてもオススメ出来る宿です。
信州別所温泉に行かれる際には、
是非ご利用してみてはいかがでしょうか。