元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

そば・旬菜料理 つだぬまや その四

営業時間  11:30〜14:30/17:30〜21:00 [火は昼のみ]
定休日 水曜日
274-0825 船橋市前原西2-5-6





そば・旬菜料理 つだぬまや その → 




国分川  狭くなる進路




往路は千葉街道国道14号を、
西船橋の先から北上して、
中山競馬場の前から、
一旦松戸市内を通過するコースでしたが、
復路は、縄文人が海に出た、
その方向に想いを馳せて、
国分川に沿って南下します。
こののどかな風景に癒されるのも束の間、
市川市内はあちらこちらで、
都市計画道路が建設ちう。
いきなり道が狭くなり、
こんな細い砂利道になるなど、
いくつかの障害を乗り越えて、
国道14号に戻りまして、
どうにか船橋市内へと帰りました。



大新庵  都合によりしばらく休みます



さてガツンと蕎麦が手繰りたくて、
船橋の生蕎麦・大新庵に来ましたが、
「都合によりしばらく休ませて頂きます」
との、臨休のお知らせが貼られています。



→ 生蕎麦 大新庵




つだぬまや




結局、津田沼に戻りまして、
いつものつだぬまやにやって来ました。



北海道石狩沼田産




「新そば」の貼紙が出ています。
そうそう、ここは、
北海道石狩沼田産のキタワセ種でした。



蕎麦茶と蕎麦揚げとおしぼり



お馴染みの蕎麦茶と、
座布団状の揚げ蕎麦が、
汗をかいた後なので、
ひときわ美味いです。



天丼御前(980円+税)




天丼御前(980円+税)。




新蕎麦  蕎麦を手繰る



新蕎麦は文句のない、
香りとコシ。
のどごしもよくて、
かなり美味いデス。



天丼  ごまドレッシングのサラダ



天丼はとても小さいんですが、
海老、ミョウガ、カボチャ、
舞茸と、盛り沢山。
ごまドレッシングの、
サラダもなかなかの量で、
満足度はかなり高いデス。




蕎麦湯を注ぐ  蕎麦湯



蕎麦湯も食べ終わる頃を、
見計らって出され、
熱々たっぷりで嬉しい限り。




KK




当然KKでご馳走さま。
大満足の980円+税でございました。