元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

道の駅富士吉田・富士山レーダードーム館 〜富士山一周サイクリング 一日目(2)〜

富士山レーダードーム館
営業時間 9:00〜17:00(最終入館は16:30迄)
定休日 火曜日(7,8月は無休)
入館料 大人610円・小中高生410円・小人(五歳以下)無料
403-0006 富士吉田市新屋1936−1
公式サイト http://fujiyoshida.net/spot/151
公式ブログ https://ameblo.jp/raderdome/
吉田軽食コーナー
営業時間 10:00〜17:00(7〜9月・9:00〜18:00)
定休日 年中無休
403-0006 富士吉田市新屋1936-6
公式サイト http://fujiyoshida.net/spot_gourmet/135




富士山一周サイクリング 一日目 → 1
→ 富士山一周(フジイチ)サイクリング計画





富士山に向かって走る




河口湖をしっかりと、
東の端まで走ってから、
富士山に向かって走り、
富士吉田市の市街地を抜けて、
山中湖方面を目指します。
すると国道139号線から、
見覚えのあるドームが見えたので、
ちょっと寄り道してみました。
富士山レーダードーム館とな。
これ学生の頃に富士山登って、
山頂で観たことあるあるよ。




富士山レーダードーム館と富士山  新田次郎の碑
  



昭和三十四年(1959)の、
伊勢湾台風を契機に、
台風の被害を予防する為に、
その位置を早期に、
探知することを目的に、
昭和三十九年(1964)に、
富士山頂に建設・設置された、
富士山レーダーと、
それを囲うドームですが、
平成十一年(1999)に、
気象衛星と代替レーダーの設置により、
その役割を終えて、
平成十三年(2001)に、
こちらに移設されたようです。



新装版 富士山頂 (文春文庫)

新装版 富士山頂 (文春文庫)



気象庁に勤めていた、
自らをモデルに描いた、
新田次郎の「富士山頂」。
その文学碑も富士山頂にありましたが、
レーダードームの移設と同時に、
ここに移されたんだとか。



道の駅富士吉田・富士山レーダードーム館  富士山レーダードーム館の案内




残念ながら、
館内は写真撮影禁止です。
ふん。(´-ε-`)



富士山レーダードーム館  



入場料を支払いまして、
ゾウと二人で入ってみました。




一階の案内




一階にはシアターがあり、
レーダードーム建設に関する映像が、
公開されていましたが、
ちょっと長いので、
残念ながら諦めました。
レーダードーム建設に関する、
三菱電機大成建設の資料と記録。
新田次郎の年表と作品資料、
そして所縁の品の展示。




二階の案内





二階はクイズコーナーと、
気温−8度、風速13mと、
過酷な気象状況を体感出来る、
富士山頂体験コーナー。
(ただですら寒いのにマジで死ぬかと...)




三階の案内



そして最上階は、
実物のレーダーを、
ドームの下に、
間近に観れます。




キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!





ドーム  富士山レーダーリレーアンテナ




入場無料の屋外展示、
二階の広場に、
レーダーで集めた情報を、
東京に送る為の、
レーダーリレーアンテナもあります。




道の駅富士吉田  軽食コーナー




さて、お次は、
同じ敷地内にある、
道の駅富士吉田。
まだ昼飯を食べたばかりなのに、
食に関する好奇心旺盛な、
おっさん三人。
是非、名物という、
吉田うどんを食べてみたい。
しかしピーは、
富士吉田市街地の、
上り坂でバテていて、
ノーサンキューとか。
ゾウと二人で軽食コーナーに突撃デス。





吉田うどん・かけ(400円)




吉田うどん・かけ(400円)。



箸上げ




極太でコシがあるすいとんのような、
歯ごたえのある独特なうどんですが、
うん、キライではありません。
つゆもシイタケと煮干しかな?
このうどんにとても良く合い、
満腹なのについつい、
"吉田うどん完飲完食"、
YSD-UD-KKでございます。
(↑ココでもやるかおっさん)




かわいい丼と湯飲み




丼ぶりにはピカチューのような顔があり、
(富士吉田市無敵のニンテンドー相手にして大丈夫?)
湯呑みは富士山を逆さにしたような、
とても可愛い食器デス。




水汲み所



さて天然の富士山湧水を、
チャリ用のボトルに汲みまして、
準備はOK!
さあ次行ってみよう!!