都そば 日比谷店 その二 〜きつねそばを極めてみる その二十八〜

営業時間 7:30~14:30
定休日 日曜日
100-0005 千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビルB2



都そば 日比谷店 → その一
都そば 勝田台店 (閉店) → その一



きつねそばを極めてみる
その → 一(天かめ)二(富士そば)三(そばいち)四(福そば)五(ゆで太郎)六(おくとね)七(門仲そば)八(小諸そば)九(はないち)十(おか田)十一(亀島)十二(二葉)十三(加賀)十四(六文そば)十五(いろり庵きらく)十六(そばよし)十七(よもだそば)十八(一心たすけ)十九(寒川そば)二十(越後そば)二十一(めとろ庵)二十二(丹波屋)二十三(亀よし)二十四(蓼科)二十五(味元)二十六(天亀そば)二十七(かのや)




東京會舘地下駐輪場のPCX150



さて、今朝は最近担当になったばかりの、
日比谷の現場で実働隊員に欠員が出まして、
朝イチ、その現場へと直行しました。
すぐに代務要員の手配が付きまして、
無事お役御免になったもので、
そのままPCX150を、
東京會舘の地下駐輪場に停めました。
コチラは二輪は60分まで無料デス。



帝劇地下街入口  都そば日比谷店



さて、てな訳で、
きつねそばを食べる為にやって来たのは、
999日=2年8ヶ月24日ぶりの、
帝劇地下街の都そば日比谷店。



営業時間変更のお知らせ



前回、緊急事態宣言で短縮されていた、
営業時間がそのままとなったようデス。



店頭のメニュー  写真付のセットメニュー


店頭のメニューには、
たぬきそばの表示がありませんが、
写真付のセットメニューを見ると、
かけそばに揚げ玉=天かすが載っています。



店内



店内メニューにはかけそば400円とありますので、
揚げ玉=天かすは無料、油揚げは70円のようデス。
で、大盛り設定もありません。
券売機はなくカウンターで注文をして、
受け渡し時に現金を支払います。



卓上の調味料



卓上には元禄箸と七味唐辛子のみ。



店内の様子1  店内の様子2



店内にはまるで倉庫のように、
食材等の段ボールが並んでいますが、
このお店にはあまり違和感がありません。
蕎麦は「むらめん」のようで、
洗っていない番重が無造作に置かれています。



きつねそば(470円)



きつねそば(470円)。



蕎麦を手繰る



70円にしてはやや大きめの、
半身正方形の油揚げが一枚。
味付けは甘さ控えめデス。
蕎麦は典型的な茹で置きのむらめん。
出汁もカエシもやや薄めデスが、
このお店らしい違和感のない味デス。




完食完飲



KKで黒ずんだ、
プラスチックの丼の底が見えるのも、
この店らしく違和感はありません。