元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住都心勤務の千葉都民。神社仏閣参拝・歴史探訪、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

「硫黄島 栗林中将の最期」(文春新書)


→ -「栗林忠道」の検索結果一覧 - 旧・元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】跡地
→ 硫黄島指揮官「栗林忠道からの手紙」展 八重洲ブックセンター本店八階ギャラリー
→ 週刊現代ムック「栗林忠道からの手紙」
→ DVD「父親たちの星条旗 |硫黄島からの手紙」
→ 栗林忠道マイブーム
→ 千鳥が淵戦没者墓苑
→ 習志野騎兵旅団司令部跡
→ 栗林忠道 - Wikipedia
→ 硫黄島の戦い - Wikipedia



急遽、グッさんが転勤することとなり、
このブログでも何度か登場した、
グッさんが担当する日本を代表するような超有名大企業が、
なぜか、私が担当することと相成りました。
今月中に引継ぎを済まさねばなりません。
そんな訳でこれから数週間は、
まったくつまらない更新しか出来ないかもしれません。
申し訳ございません。



散るぞ悲しき―硫黄島総指揮官・栗林忠道 (新潮文庫)  硫黄島からの手紙 期間限定版 [DVD]




さて、このクリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」にも、
影響を及ぼした近年なかなかの名著「散るぞ悲しき」。
ただし、これには栗林中将最期の部分の表現も少なく
また、栗林以外の兵士、士官の登場もほとんどありません。





硫黄島 栗林中将の最期 (文春新書)

硫黄島 栗林中将の最期 (文春新書)




この本、映画が出版、公開された頃、
一部の週刊誌には、
「栗林はノイローゼだった。」
「投降しようとして部下に殺された。」といった、
出元の不確かな諸説が踊り、話題となりましたが、
この本は、その火付け役ともなった、
「散るぞ悲しき」の著者の、
その「完結編」とも呼ぶべき作品。
前回は「新潮文庫」でしたが、
今回はなぜか「文春新書」です。



特出すべきは、第二章、
「三人の若き指揮官の肖像」。
栗林や、西竹一は有名で、
後世に名を残しますが、
その奥底に人知れず散った、
無名の将校、兵士たち・・・。




流れ出る涙を止めることが出来ません。




人気ブログランキングへ ← 二つのブログランキングに参加致しております。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。