元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

大谷資料館

開館時間 9:00〜16:30(入館は16:00迄)
休館日 8月を除く毎週木曜日及び年末・年始(12月24日頃〜1月1日)
但し木曜日が祝祭日の場合と1/2〜1/4,4/29〜5/5は休まず開館

321-0345 宇都宮市大谷町909
公式サイト http://www.oya909.co.jp/



大谷の風景1  大谷の風景2
大谷資料館前  大谷資料館



さて大谷石の採掘場所の坑内の一部が、
大谷資料館として公開されています。
これには前回も夏に来て驚いた記憶があります。



大谷資料館  展示室   大谷資料館 入口



さて、まずは採掘の歴史を勉強してから、
階段を降りて、巨大な空間へと降りていきます。
この時の外気温は35度。なんと坑内は13度しかありません。
この-22度の差には体感してみなければ想像も出来ないでしょう。



大谷石採掘機  大谷石採掘模様



採掘機や採掘途中のようなものを残し、
往時の面影を見せています。


大谷資料館と次男
大谷資料館
大谷資料館
大谷資料館3  大谷資料館内
大谷資料館の天井



とにかく広い、とにかく寒い。



もっとも入ったときよりも、出るときのほうが、
暑さでぶっ倒れそうになりましたが・・・。




人気ブログランキングへ ← 二つのブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← よろしかったら応援クリックをお願いします。