蕎麦ちばから (閉店)

営業時間 11:30〜15:30/17:30〜22:30(日11:30〜17:30)
定休日 月曜日
150-0043 渋谷区道玄坂2-22-2 SHIBUYA道玄坂ビル1956 1F
公式ツイッター http://twitter.com/sobachibakara



ちばから その → 



Minatoya (そば処 港屋) その → 
波留乃屋 赤坂店 
その → 
俺のそば GINZA5 
その → 
田舎つけそば のぶや 霞が関コモンゲート店 
その → 






蕎麦ちばから




午前中、大阪・神戸絡みの、
渋谷の法人を訪問したもので、
もし近くに来る機会があれば、
是非立ち寄ってみたいと思っていた、
渋谷・道玄坂の、
「蕎麦ちばから」を訪問しました。
一応、念の為に説明致しますが、
千葉・市原にある人気ラーメン店、
「ちばから」の店主さんは、
ラーメン二郎京成大久保店の、
最初の助手さんであって、
眉さんの一番弟子。
(一昨年は師匠の弟子店訪問にも同行致しました。)
その「ちばから」の店主さんが、
港屋インスパ蕎麦を考案し、
渋谷に専門店を出店したのがこちらです。




店内入口と券売機





入口の手前に券売機があって
その隣には「ちばから」と記された、
麺箱がうずたかく積まれていました。





店内とセルフコーナー





カウンターとテーブル席の、
まんま「店主ドヤ顔腕組み系」、
ラーメン店風の店内。
卓上の七味は八幡屋礒五郎は期待大。
お冷や蕎麦湯、揚げ玉やわさび、酢、
増量用の胡麻やラー油、そして生卵は、
店内中央に設けられたセルフコーナー。






卓上のメニュー  能書き



メニューは、大まかに分けると、
冷たい豚つけ蕎麦と、
温かい鶏つけ蕎麦、
あぶら蕎麦の三種。
そしてメニューの裏には、
いかにもちばから店主らしい能書きがあり。



ランチ【冷たい豚つけ蕎麦+炊込みごはん】(830円)+蕎麦特盛【+250g】(200円)






ランチ【冷たい豚つけ蕎麦+炊込みごはん】(830円)+蕎麦特盛【+250g】(200円)。






特盛の冷たい豚つけ蕎麦  蕎麦を手繰る・生卵をのせる





これは、まんま港屋そのもの。
ゴワゴワの田舎蕎麦に、
バラ肉とネギ、胡麻をのせて、
ラー油を効かせたつゆで食べます。
さすがに計500gの特盛は、
ラーメン丼にパフェる量で、
顎が疲れてしまいました。
途中、味変で能書き通り、
蕎麦の上に生卵をオン。
お!?これは確かに美味いね。
つゆにインするより全然いい。



炊込みごはん



炊込みごはんに、
ちはからのチャーシューの香りを感じました。
生の辛いタマネギがいいアクセントになります。



蕎麦湯とシングルK




つゆもラーメン丼一杯にあったので、
蕎麦湯は蕎麦丼に少し移して投入したので、
この通りシングルKでございます。
ちばかららしさを味わうなら、
やっぱり、あぶら蕎麦かな?!
また機会があれば伺います。