元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

京都鴨そば専門店 浹(あまね)

営業時間 11:00〜14:30/17:30〜22:30/土11:00〜売切御免
定休日 日曜日・祝日
103-0024 中央区日本橋小舟町4-10 大宮ビル1F
公式サイト http://www.kamosoba-amane.com/






今日は二週目・二回目の、
コモエスタ園のシャナイカンサ。
ランチはさん六のカツ丼にするつもりが、
突然カンサちうにご家老に呼び出されて、
セントラル園内の奉行所お白州に出頭デス。




京都鴨そば専門店  浹(あまね )  店内



と、言う訳で日本橋でお昼ドキ。
ランチは前々から通りかかる度に、
いつも気になっていました、
こちらの鴨蕎麦専門店に行ってみました。
「京都」と冠しておりますので、
カテゴリーの【京都】に分類したけど、
京都のお店の支店ではないようです。
ジャズの流れる店内は、
よくありがちな白木のインテリアに、
春雨紙の提灯が下がる間接照明の、
カウンターとテーブル席。




メニュー  卓上の調味料




鴨ざるや冷たい鴨南蛮もあるけれど、
イチオシは温かい鴨そばのよう。
卓上の調味料はオススメの山椒と黒七味。
お茶は温かい烏龍茶。
この値段設定で紙のおしぼりは残念。




鴨そば(980円)+おそば大盛り(100円)+かやく御飯【中】(300円)


鴨そば(980円)+おそば大盛り(100円)+かやく御飯【中】(300円)。






かやく御飯





かやく御飯はんは、
ホンマに京風の出汁で、
おいしおすなぁ。
そやけど【中】では少ないどすぇ。



鴨そば  蕎麦を手繰る  



青々とした九条ネギはんが、
ぎょうさんのった鴨蕎麦はんや。
石挽きの蕎麦はんは、
関西の蕎麦らしい喉越しと食感。
鴨肉はんはちょこっと固いけど、
味はおいしおすぇ。





オススメの山椒と黒七味をかける  京風の出汁




折角の昆布ベースの京風出汁に、
オススメの山椒と、
黒七味かけ過ぎてしもうて、
なんやオリエンタルな、
エスニック調になってもうた。




KK




ほなKKしてもうたけど、
そやけどホンマに少なおすなぁ。
どこかで立ち食い蕎麦でも食べな、
夕方まで持たへんどすぇ。





東京国際フォーラム




そやけどGRⅡ はん、
こんなスナップならええんやけど、
間接照明のお店の中やったら、
もうちょこっと、
明るい設定せなあきまへんなぁ。
難しいおすなぉ知らへんけど。