元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

「黒澤明 DVDコレクション」1(創刊号)『用心棒』

公式サイト https://publications.asahi.com/kad/



→ 「黒澤明という時代」(文藝春秋)
→ DVD「生きる」・「赤ひげ」
→ DVD「羅生門」
→ DVD「姿三四郎」・「續姿三四郎」
→ DVD「一番美しく」
黒澤明監督作品と「スター・ウォーズ」シリーズ 
→ その一その二
→ 「黒澤明」関連の記事







実は「週刊〇〇」関係は、
もう二度と買うまいと、
心に決めておりましたので、
かなり悩んでおりましたが、
やっぱり創刊号を買ってしまった、
黒澤明 DVDコレクション」...。
いやMP3では「デルス・ウザーラ」を除く、
全作品をデータとして持っていますし、
DVDも代表作を何作か持っていますが、
コレクションとしては統一感もありません。
Blu−rayなら多分、
全く迷いもなかったと思います。




隔週刊 黒澤明 DVDコレクション 1 「用心棒」



さて今回のこのシリーズは、
黒澤明監督作品、全三十本の30号。
創刊号は安く990円で以降は1790円の"お約束"。
創刊号「用心棒」、第2号「七人の侍」、
そして第3号「赤ひげ」は、
復刻パンフレットが付録につき、
更に全30号の応募券で、
静かなる決闘」「野良犬」「羅生門
「生きる」「生きものの記録」「蜘蛛巣城
どん底」「隠し砦の三悪人」「悪い奴ほどよく眠る」
椿三十郎」「天国と地獄」「どですかでん
デルス・ウザーラ」「影武者」「乱」
の、15作が応募者全員プレゼント。
こりゃ、絶対全部買ってしまうわ...。



マガジンと復刻パンフとDVD



さて「用心棒」は、ワタシも黒澤作品で、
最も大好きな作品の内の一本。
監督作品としては全30作中の第20作目ですが、
黒沢プロ設立後の第二作目で初めての時代劇。
公開当時のコピー、
「映画の面白さここに結集!」は、
けして大袈裟ではなく、
とにかく理屈抜きの面白さ。
これを創刊号に持ってきたセンスも、
今回買うに至った理由の一つです。




結局また観てしまった。
これで何百回目だろうか...。
しかし何度観てもホント面白い。