新得駅 駅そば せきぐち ~PCX150北海道ソロツーリング四日目-①~

営業時間 10:00~16:30
定休日 毎月第一水曜日・第三水曜日
081-0005 上川郡新得町本通北1-53 新得駅構内






 ↑
前の記事



さてホテルで朝食をガッツリ食べて、
かなり満腹なんデスが、
帯広から蕎麦の名産地である、
新得町を目指してみましょう。




新得の蕎麦畑



さて新得町に入ると、
流石に蕎麦畑が多く目立ちます。




新得駅とPCX150  バスが「そばくる」



さて09時00分に、
新得駅にやって来ました。
実はこの駅そばが、
今回の目的地。
地元のコミュニティバスも、
「そばくる」という名前で、
蕎麦一色の雰囲気デス。



新得駅構内  新得駅の蕎麦コーナー


駅構内の中の売店も、
一番大きい棚は全部蕎麦デス。



新得町蕎麦専門店の案内  せきぐち本店 



新得町蕎麦専門店」の、
案内もあって、
駅前にその中の、
「せきぐち本店」もありますが、
それらの専門店は全て11時00分開店。
せきぐちの分店である駅そばだけが、
10時00分開店なのです。
駅周辺をPCXで走り回ったり
駅の待合室で休憩したりして、
ようやく10時00分になりました。






駅そばせきぐち



駅前の本店方向から、
材料らしき一式を持参した、
若い男性が来て開店した、
駅そばせきぐち。



店内  店内



小さな壁三辺のカウンターのみの店内。




壁の掲示
壁の新聞記事  壁の新聞記事



壁には「そばの町新得」のポスターと、
過去に取り上げられた新聞記事の、
切り抜きが入った額が二つあります。
「駅そばベスト10」には多少異議がありますが、
北海道のココと音威子府駅の常盤軒は、
確かに有名だよね。
そっちは来年レブル1100で行ってみよう。



かけそば(380円)



かけそば(380円)。



蕎麦を手繰る



確かに駅そばのレベルとき思えぬ蕎麦とつゆ。



完食完飲



ちょっと物足りない完食完飲。
かしわそばにすれば良かったかも。







次の記事
 ↓