元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

【御府内第八十五番】大悲山 観音寺

観音寺

宗派 単立
本尊 聖観世音菩薩
169-0075 新宿区高田馬場3-37-26



御府内唯一の宗派に所属しない単立の札所です。
だけど、所々の石造物に豊山派や新義真言宗の宗紋があることから
事情は分かりませんが色々あった上で、現在が「単立」なのでしょう。
吉川英治が親友の淡路芳太郎から聞き記した作品「呼潮へんろ」にちなむ、
吉川英治建立の「呼潮へんろ塚」↓

由来をよく読んでもイマイチ建立の意味は分かりませんでした。
なんなんすか、これ。



朱印を待つ間に「一人で勝手にどうぞ」状態で本堂にお参りします。
穏やかなお顔の聖観世音菩薩。合掌。
またまた十句観音経を納めさせていただきました。



お札所に戻り、久しぶりにお茶と和菓子のお接待をいただきます。
世間話の間中、奥さんにまとわりつくポメラニアン
奥さんによると三年間、「他人に盗られ」「いじめられ」行方不明だったんですが、
自分で帰ってきて、今はひと時も奥さんから離れないのだとか。
猫のようにすり寄るポメの姿になんだかジーンってなりました。
・・・よかったね・・・ポメ。


歴史ランキングへ  にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← 一日一回クリックをお願いします。 
ありゃりゃ、もうだめだこりゃ。