大異山 高徳院 清浄泉寺 〜鎌倉大仏〜

宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来(国宝)
248-0016 鎌倉市長谷4-2-28




今回は坂東霊場だけに留めるつもりでしたが、
やっぱり【大仏】カテゴリーの為に、
どうしてもお参りしたくなって、
長谷寺から歩いて来ちゃいました。




仁王門  鎌倉大仏 
鎌倉大仏についても何度か書いていますので、
詳しくはこちらをご覧ください。




→ 「仏像がよくわかる本」〜鎌倉大仏って〜




大仏正面  大仏右肩 
大仏どアップ  大仏やや右側より 
この肩に今も大仏殿倒壊時の、
津波の傷跡が残っているそうです。
大仏殿礎石 
大仏の周りにあるこの巨大な円形の岩は、
拝観者のベンチ代わりになっていますが、
そもそもは倒壊した大仏殿の礎石だったものなのです。
大仏背中  内部より頭部を見る 
内部より  内部より背中をみる 
背中に扉が付けられたり、
内部に入れるようになったのは、
関東大震災で被害を受け、
その修復をしてからのことです。
中から上を仰ぐと、痛々しい修復の跡が見えます。
与謝野晶子句碑 
これが、阿弥陀様をお釈迦様と間違えた、
与謝野晶子の句碑です。

鎌倉や みほとけなれど釈迦牟尼は 美男におわす 夏木立かな

観月堂 
あまり知られていませんが、
大仏さまの裏手には、
鎌倉三十三ヶ所観音霊場、
第二十三番札所の観月堂があり、
なぜか徳川秀忠が所持していたとされる、
聖観音が安置されています。




にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← 二つのランキングに参加中。
人気ブログランキングへ ← どちらも応援クリックをお願いします。