元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

六厘舎TOKYO その二

営業時間 7:30〜10:00(L.O 9:45)/11:00〜22:30(L.O 22:00)
定休日 年中無休(元旦のみ休業)
100-0005 千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 東京ラーメンストリート
公式サイト http://rokurinsha.com/





六厘舎TOKYO → その一




二度目の極寒の深夜の見廻り当番を終えて、
無事朝7時に無罪放免で釈放されました。
自宅に帰って一眠りしてから、
眉二郎に行くつもりだったんだけど、
すでに眠気がバリバリのMAX・満タンで、
一度寝てしまったら起きる自信がありません。
現場から都バスで東京駅南口に到着。
そのまま八重洲東京ラーメンストリートに直行し、
朝7時半からの"朝ラー"に突入です。




六厘舎TOKYO   六厘舎の暖簾




朝7:30に開店したばかりなのに、
すでに行列が出来ている超人気店・六厘舎TOKYOさん。
意外にも進みが早くて10分ほど並んで店内に通されました。




券売機  卓上の調味料





ご飯・納豆・生卵が食べ放題(+180円)の定食セットは、
もう廃止されたようで、
朝つけの一本勝負になったようです。
量と値段設定、普通200g(630円)、
大盛300g(730円)、特盛400g(830円)は、
三年前と変更はありません。
卓上の調味料は辣油と酢の他に、
小袋に入っている追加投入用の魚粉です。





朝つけ・特盛り(830円)




朝つけ・特盛り(830円)。





特盛400gの麺  つけ汁





朝つけは、重くならぬよう、
魚介風味を強めにしたあっさり軽めのスープに、
通常よりも麺を細くつるっと食べやすくしているとか。
確かに美味いんだけど、
常に行列が出来ることを想定して、
すでに茹でられていたであろう麺は少しノビていて、
水の〆め、水切りもちょっと甘くてヌルヌルしていました。





チャーシュー  麺をつゆに絡める




いや、確かに美味いんだけど、
やっぱりこの手の出店にありがちな、
完成度の低さが前回よりも目立ちます。



魚粉追加投入可




麺に水気が多かったせいで、
途中つけ汁が物足りなくなり、
卓上の魚粉を追加するも、
やはりそれはバランスを崩しただけで残念です。





セルフスープ割りコーナー  スープ割り




それでもやっぱりここスープの、
スープ割りはメチャメチャ美味いです。






人気ブログランキングへ ← 二つのブログランキングに参加致しております。 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。