元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

生田神社

式内社(名神大)・官幣中社別表神社
祭神 稚日女尊
650-0011 神戸市中央区下山手通1−2−1
公式サイト http://www.ikutajinja.or.jp/




JR三ノ宮駅




最終日の午後は神戸市内でアポがありまして、
JR三ノ宮駅に降り立ちました。
駅前に神戸の名の由来となった大社、
生田神社が鎮座することは知識としてありましたが、
生田神社が三ノ宮なのかと誤解しておりました。
生田神社の八柱の裔神を祀った一宮から八宮までの神社、
生田裔神八社の中の三柱目、
三ノ宮神社が地名・駅名の発祥なんですね。
・・・知らんかったわ。



生田神社  境内入口




日本書紀によると、
神功皇后三韓外征の帰途、
この港付近で船が進まなくなった際に、
稚日女尊が現れて祀られたというこちら。
当初は現在の新神戸駅の上にある布引山に祀られたそうですが、
延暦十八年(799)の大洪水で山の麓が崩れて、
崩壊するおそれがあったのでこの生田の森に遷座したそうです。



楼門




現在の神戸市中央区の一帯が全て社領であったことから、
「神地神戸」の神戸(かんべ)がこの地の呼称となって、
紺戸(こんべ)、神戸(こうべ)となり今に至ります。



御由緒  境内見取図


御由緒と、境内見取り図です。



拝殿  拝殿から本殿を望む



社殿は、昭和十三年(1938)の神戸大水害、
昭和二十年(1945)の神戸大空襲、
平成七年(1995)の阪神淡路大震災など、
何度も何度も被害にあうも、
その度に復興されたことから、
「蘇る神」としても崇敬も集めているとか。




生田池  




藤原定家の歌にも詠まれたという生田の池。
昭和初期までは子供たちが泳げるほどにキレイだったそうですが、
昭和の中頃には水質が悪化して、
酔っ払いや子供が落ぬように周囲を柵で囲まれていたそうです。
最近は徐々に水質が向上し、
往時の景観を忍ばせるほどになりました。



生田の森案内  生田の森の太樹  



源平の古戦場でもある生田の森です。
現代では、大樹が繁り、
心地よい涼しさを与えてくれるオアシス的存在。



生田の森  生田の森の泉




しばしこちらで休息してから、
午後のアポに向かって戦闘開始です。