元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

安房神社 〜忌部塚〜

安房国一宮
祭神 天太玉命
294-0233 館山市大神宮589
公式サイト http://www.awajinjya.org




安房神社  東郷平八郎揮毫社号標




さて、もう一方の安房国一宮、
官幣大社安房神社です。
社号標「官幣大社安房神社」の揮毫、
ワタシのようなヲタならば、
東郷平八郎元帥の筆であると、
すぐに分かります。




二の鳥居




長い砂利の参道が終わると、
石段があってこの二の鳥居。
突き当たって右手に社殿があります。




拝殿  本殿




拝殿は鉄筋コンクリートで、
昭和五十二年(1977)の造営。
本殿は明治十四年(1881)の建立の、
神明造の檜皮葺。
主祭神は四国・阿波から渡ってきた、
忌部氏の祖神・天太玉命で、
相殿神洲崎神社の祭神でもある、
后神・天比理刀竎命と、
出雲、阿波、紀伊、讃岐、筑紫の、
忌部五部神を祀ります。





忌部塚案内




本殿の裏手には、
現在はほぼ埋没しておりますが、
ここにもやはり海食洞窟があって、
昭和七年(1932)の井戸掘削工事では、
人骨二十二体、貝製の腕輪や石製の丸玉、
縄文・弥生土器などが出土したそうです。
人骨二十二体の内、その十五体には、
抜歯習俗の跡もあるとか。





→ 縄文と古代文明を探求しよう!





 忌部塚  忌部塚近景 





この人骨を忌部氏のものと仮託して、
神社の外の東側に埋葬して、
「忌部塚」としたものがこちらですが、
ワタシはこの抜歯のある人骨は、
忌部氏の前の縄文時代の人骨であると思います。