元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

妙見山 法輪寺

宗派 聖徳宗 
本尊 薬師如来
636-0111 生駒郡斑鳩町三井1570
公式サイト http://www1.kcn.ne.jp/~horinji/





斑鳩の町並み  斑鳩の里山




中宮寺参拝の後、
そのままこの雰囲気のある、
斑鳩の土塀の町並みを抜けて、
稲刈り間近な里山の風景を北上しますと、
正面にこの三重塔が見えました。




法輪寺 表門  



ここ法輪寺は地名から三井寺とも呼ばれ、
「法林寺」「法琳寺」とも書くことがあります。
宗派は法隆寺と同じく聖徳宗
三重塔は昭和十九年(1944)に落雷で焼失し、
昭和五十年(1975)年の再建である為、
世界遺産法隆寺地域の仏教建造物
・・・に、含まれていません。
創建については二説があり、
山背大兄王が父・聖徳太子の、
病気平癒の祈願の為、
推古天皇三十年(622)に建てた説と、
創建法隆寺の焼失後に、
百済開法師・円明法師・下氷新物が、
三人合力で造寺したとする説。
しかしその三人いずれの人物も、
伝記は全く不明であるとか。。。
いずれにしても調査によれば、
その伽藍の規模は法隆寺西伽藍の2/3程度であり、
出土する鐙瓦・宇瓦の文様が法隆寺と類似し、
また薬師如来坐像と伝虚空蔵菩薩立像が、
やはり飛鳥様式であることから、
七世紀末頃にはほぼ、
寺観が整っていたであろうと推定されています。



三重塔  金堂



そしてこちらがその、
昭和五十年(1975)年の再建の三重塔。
右隣、東側には本堂である金堂で、
宝暦十一年(1761)の再建。
講堂が収蔵庫の役割で改築されるまで、
諸仏はこちらに安置されていたそうですが、
現在は内部は非公開です。



講堂  



本来、僧が勉強する為の講堂ですが、
前述の通り、こちらは昭和三十五年(1960)に、
耐火耐震の収蔵庫として改築されます。



重文・薬師如来坐像  法輪寺の仏像




こちらもやはり堂内は撮影禁止。
これらの写真は手元の資料の写しです。
法隆寺の金銅仏に似た、
この重文・薬師如来坐像は、
飛鳥時代の木彫如来像としては唯一最大。
他にも仏像はなかなかのお宝揃いですので、
詳しくは公式サイトをご覧下さい。




妙見堂




山号にもなっている、
秘仏妙見菩薩を祀る妙見堂。
元々、旧妙見堂は寺北の山中から、
境内に移築されたもので、
享保十六年(1731)に、
寳祐が再建したと伝わりますが、
寺運衰退を再興した時期と重なり、
近世以降、妙見信仰は、
法輪寺信仰の中心の一つとなります。
現在の堂宇は平成十一年(1999)の改築発願で、
平成十五年(2003)に完成したものです。