元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

「神剣 人斬り彦斎」(ハルキ文庫)




→ 「蒼天見ゆ」(角川文庫)
→ 「春雷」(祥伝社文庫)
→ 「陽炎の門」(講談社文庫)
→ 「潮鳴り」(祥伝社文庫)
→ 「おもかげ橋」(幻冬舎時代小説文庫)
→ 「霖雨」(PHP文芸文庫)
→ 「銀漢の賦」(文春文庫)
→ 「螢草」(双葉文庫)
→ 「春風伝」(新潮文庫)
→ 「秋月記」(角川文庫)
→ 「無双の花」(文春文庫)
→ 「川あかり」(双葉文庫)
→ 「いのちなりけり」「花や散るらん」(文春文庫)
→ 「柚子の花咲く」(朝日文庫)
→ 「蜩ノ記」(祥伝社文庫)
→ 「葉室麟」関連の記事



神剣 人斬り彦斎 (時代小説文庫)

神剣 人斬り彦斎 (時代小説文庫)




もう残り少ない、
葉室麟作品の文庫化を、
心待ちにしながらも、
寂しい気持ちも同居する、
なんとも複雑な心境。
ハルキ文庫から先月発売されたコチラは、
あの佐久間象山を暗殺した、
"人斬り彦斎"こと、
河上彦斎の生涯を描いた歴史小説
幕末四大人斬りの一人ですが、
薩摩の中村半次郎田中新兵衛
土佐の岡田以蔵と比較すれば、
正直、どんな人となりだったのか、
一番想像がつき辛い武士。
そのミステリアスな人生から、
るろうに剣心」という漫画の、
主人公のモデルになったそうですが、
漫画はちゃんと読んだ訳ではないけど、
正直あんなキャラではないと思う。
もちろんこの小説も、
新撰組との対決等、
フィクションが交えられているけど、
なんとなく神の名の下に、
女子のような小柄な元茶坊主が、
居合で淡々と人を殺しつつ、
明治政府に疎まれていく、
その行程が今まで読んだ、
どの資料、書籍、小説よりも、
一番自然と理解出来る作品でした。