元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

「はだれ雪」【上・下】(角川文庫)


→ 「散り椿」(角川文庫)
→ 「神剣 人斬り彦斎」(ハルキ文庫)
→ 「蒼天見ゆ」(角川文庫)
→ 「春雷」(祥伝社文庫)
→ 「陽炎の門」(講談社文庫)
→ 「潮鳴り」(祥伝社文庫)
→ 「おもかげ橋」(幻冬舎時代小説文庫)
→ 「霖雨」(PHP文芸文庫)
→ 「銀漢の賦」(文春文庫)
→ 「螢草」(双葉文庫)
→ 「春風伝」(新潮文庫)
→ 「秋月記」(角川文庫)
→ 「無双の花」(文春文庫)
→ 「川あかり」(双葉文庫)
→ 「いのちなりけり」「花や散るらん」(文春文庫)
→ 「柚子の花咲く」(朝日文庫)
→ 「蜩ノ記」(祥伝社文庫)
→ 「葉室麟」関連の記事





はだれ雪 上 (角川文庫)

はだれ雪 上 (角川文庫)

はだれ雪 下 (角川文庫)

はだれ雪 下 (角川文庫)




心待ちにしているものの、
すべてを読み尽くしては、
なんても寂しくてやるせない、
葉室麟さんの遺作の文庫化。
八月末に上下二巻で角川文庫から、
新刊で発売されたのは、
先日紹介した映画化作品、
散り椿」と同じ架空の藩を舞台にした、
「扇野藩」シリーズの一作。



浅野内匠頭の、
最期の遺言を聞いた、
旗本、永井勘解由。
将軍綱吉の勘気に触れて、
扇野藩お預かりの身の流罪人になる。
いずれは罪が許されれば大身であれど、
もし赤穂浪士が討ち入りをすれば、
罪が及ぶであろう勘解由の、
扱いに困惑する扇野藩の重役たち。
若くして夫を不名誉な死で亡くした、
琴が得意な風雅の道にたけた紗英を、
龍笛の使い手の、
勘解由の接待役として送り、
やがて勘解由が手をつけることを、
密かに期待する。
二つの派閥に割れていた扇野藩。
勘解由を紗英ともども、
闇に葬ろうとする策謀の中で、
次第に清き関係のまま、
心を通わせていく勘解由と紗英。





実際の赤穂事件の歴史上の人物、
大石内蔵助堀部安兵衛
寺坂吉右衛門が彼らと交わり、
綱吉や柳沢吉保
細井広沢や公弁法親王を、
活き活きと描き、
全く新しい視点から、
忠臣蔵」を描いた作品。
葉室麟さんは、
花や散るらん」でも、
赤穂事件を絡めていますが、
ご存知の通り、かなり、
赤穂浪士」マニアなワタシも、
最高に楽しめました。
ちょっと堀部安兵衛が、
格好良すぎのような気もしますが...。









→ 赤穂浪士討ち入りの日
→ 皇居東御苑(松之廊下跡)
→ 浅野内匠頭終焉之地
→ 大石良雄他十六人忠烈之跡
→ 萬松山泉岳寺〜浅野長矩及び赤穂義士墓その一・大石内蔵助良雄像その一〜
→ 高野山金剛峯寺〜浅野長矩及び赤穂義士墓その二〜
→ 台雲山花岳寺〜浅野長矩及び赤穂義士墓その三・大石内蔵助良雄像その二〜
→ 赤穂城跡・大石神社〜大石内蔵助良雄像その三〜
→ 吉良邸跡〜墨田区本所松坂町公園〜





→ 忠臣蔵夜咄 (角川文庫)
→ 「サライ 2007年 12/20号〜忠臣蔵を旅する〜」
→ 謎手本忠臣蔵〈上・中・下〉 (新潮文庫)
→ 「タイムスリップ忠臣蔵」 (講談社文庫)
→ 「いのちなりけり」「花や散るらん」(文春文庫)
→ 「七つの忠臣蔵」(新潮文庫)



→ 大石内蔵助キューピー





→ 「赤穂」関連の記事
→ 「忠臣蔵」関連の記事