元・【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住都心勤務の千葉都民。神社仏閣参拝・歴史探訪、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店がホーム)・蕎麦が大好物。

大盛りそば 堀留屋 その十六 (閉店)

103-0012 中央区日本橋堀留町1-6-10




大盛りそば 堀留屋 その → 
十一十二十三十四十五



カレーそばのレギュラーメニュー化を噂に聞き、
さっそくジャラオと二人、堀留屋さんに行ってみました。
開店前シャッターのポールポジション、ワン・ツーです。




メニュー



おおっ、新しいメニュー筆頭は、
「カレーそば(太麺)1000円」に代わりました。
二人揃って店主さんにそれを頼むと、
「一英世」のメニューですから、
あまりオーダーが多くはないよう・・・。
しかし三番目のお客さんもカレーです。
本日最初のロットはすべてカレーになりました。




麺と薬味(長葱・玉葱半分)



店主、かなりの自信作のようです。
熱いご自慢を聞き、期待は膨らむばかりです。
薬味は長葱か玉葱か、と聞かれましたが、
また無理を言ってハーフ&ハーフでお願いします。
さてとにかく最初は太麺で試してほしいという願いから、
メニューには「(太麺)」と強調されています。
まずはいつもの山盛りの麺と薬味です。




カレーの丼


フルフェイスのヘルメットのような丼に、
カレーか約半分盛られ、
「つけ」なり「かけ」なりご自由にどうぞと戴きます。



さて期待の一口目。



あれ・・・・。おやっ・・・。
????????。





そーっとジャラオと目を合わせます。







いやこれ、明らかに塩分が足りません。
確かにカレーはスパイシーで、
コクも旨味も濃厚なんですが、
ほとんど塩っけがないのです。



「すみません、私舌がバカになったのか、
申し訳ないですけど、ちょっとつゆを足して頂けませんか。」




このままではとても完食は無理なので、
「清水の舞台からバックドロップ」
・・・ぐらいの勇気を振り絞ってお願いです。





我々の後に、三番目の方も同様のお願い。
納得のいかないような店主さん。



ちょっとご機嫌斜めの様子でしたが、
すぐに立て直して、
「そんな率直な意見が欲しいです。」
という、そのプロ根性にはやはり脱帽です。



いやいや、店主。おそらく今日は、
何か一行程を忘れただけではないでしょうか。




次に期待致します。




にほ
んブログ村 グルメブログへ ← 二つのブログランキングに参加しております。
人気ブ
ログランキングへ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。