元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

映画「トイ・ストーリー3」【3D版・日本語吹替版】

レゴブロックのバズ

公式サイト http://www.disney.co.jp/toystory/




トイ・ストーリー [DVD]

トイ・ストーリー [DVD]




長男が生まれた年、平成八年(1996)に公開された、
世界初のフルCGアニメーション映画「トイ・ストーリー」。
技術もさることながら、その世界観にも度肝を抜かれ、
たちまちピクサーの大ファンになりました。
乳飲み子の頃より、繰り返し、繰り返しこのビデオを観て、
キャラクター商品に囲まれて育った長男も当然大ファンに育ちます。




トイ・ストーリー2 [DVD]

トイ・ストーリー2 [DVD]




バグズ・ライフ」をはさみ、
三本目のピクサー長編映画は、平成十二年(2000)公開の、
この続編「トイ・ストーリー2」。
四歳の長男が、生まれて初めて映画館で観た映画です。
当時は千住大橋に住んでいたので、
京成電車に乗って上野の映画館に行った記憶があります。
これも当然、ビデオを購入し、
繰り返し、繰り返しの鑑賞のスパイラルに、次男も参入。
凝り性な次男、やはりヲタになりました。
今では我が家男三人。ほとんどのシーンをほぼ順番どおり記憶しています。




シネプレックス幕張




そんな「トイ・ストリアン」な我が家ですから、
12年ぶりの第三弾「トイ・ストーリー3」を劇場で観ないはずがありません。
なんと今回は流行の3Dですか。
珍しくかみさんも参加して一家四人揃って、
いつものシネプレックス幕張へと行って来ました。



3Dメガネ




さて、これが最近の3Dメガネという代物・・・。
正直、重く鬱陶しく、元々メガネをかけている私にとって、
物語に集中出来るかどうか不安です。
3D映画といえば古くはのレンズのメガネで、
全然飛び出せない、期待外れのものばかりでした。




→ 東京ネズミーランド - 旧・元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】跡地




最初にでないものを観たのは、
このピクサー映画の配給元でもあるあのジャンキー絡みの、
浦安のネズミ王国で、マイケル・ジャクソンが、
ムーンウォークで世界の平和を守ったものでした。
当時あれにはビックリしたけど、大笑い。
さて、これはどうだろう。



まずはお馴染みの短編映画から。
ピクサーファンにとっては、
これは本編に並び、お楽しみの一つです。
今回は3Dの「デイ&ナイト」。



デイ&ナイト、昼と夜。
つまり日光と月光、アマテラスとツクヨミですが、
ここではまったく立場の違う環境にあるものとして表現され、
この相互理解こそが、真の世界平和へとつながるというメッセージ。
・・・うん、「エボニー&アイボリー」よりも鳥肌が立ちました。



続いて本編「トイ・ストーリー3」です。
ピクサー出世作にして代表作のこのシリーズ。
彼らがこれを疎かに描くはずがありません。



トイ・ストーリー3の看板前にて




ネタバレになるので、あまり詳しくは書きませんが、
通常、ハリウッドのシリーズ映画は、
1が最高に面白くても、2はちょっと?で、
3でがっかり、4でいい加減にして欲しい。と、なるものですが、
このピクサー初の3D長編は、まさにすべての集大成となるスペクタクル。
なんとラスト近くには、ジブリのスターも競演です。




このブログの読者に多い、
ジブリファンに怒られることを覚悟して書きますが、
私はジブリよりもピクサーを評価しています。
ジブリがたった一人の天才と、
それを尊敬する周囲の人々によって製作されているのに対し、
ピクサーは多くの日本人をも含むスタッフの、
大勢の人々のアイディアの集結で作られているから・・・。
ですからいつも、ピクサーの作品は、
"相棒"・"仲間"への"信頼"・"団結"が、
物語のテーマとなることが多いのです。
そしてまた各所に"隠しネタ"も満載で、
やっぱりどうしても繰り返し見たくなります。
いやいや、さすがです、参りました。
我ら夫婦は伴宙太なみの目の幅涙の大号泣でした・・・。




なんだかまた、1、2を観たくなりました。
でも我が家にあるのは、VHSのビデオのみで、
ビデオデッキはかなり昔に壊れたままです。



GEOで借りようかと立ち寄ってみるも、
やはり3の影響か、すべて貸し出し中でした。




トイ・ストーリーのDVD買っちゃった




ブクオフで1のDVD、買っちゃいました。
あーぁ・・・、小遣いまた、ピンチです。





にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ ← 二つのブログランキングに参加中致しております。
人気ブログランキングへ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。