元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

八丁堀 茂助

営業時間 11:00〜14:00/17:00〜23:00(L.O.22:00)
定休日 日曜日
104-0032 中央区八丁堀3-17-16



三連休明けの火曜日はいつも憂鬱・・・。
・・・おまけに今日は我がチームの朝礼当番。
まだ暗い無償の早出の金曜日と同じ時間に家を出ます。
しかし週末私に絡んだアクシデントは幸いにもあまりなく、
朝礼発表はロベルト清水にまかせました。
副担当のファーマウンテンは忙しそうなので、
私一人、"丸の内分園"へと出張朝礼に出掛けます。
なんだかんだと時間がかかるこの顧客訪問。
この後は昼近くになって、
八丁堀の休眠顧客に立ち寄りました。




行列の長崎菜館




→  今日はなにを食べようかなぁ! : 長崎菜館 



→ 大食い・大盛り・ガッツリ系について




そうそう、八丁堀といえば、
こちらの大盛りチャンポンも課題の一つでありました。
しかしご覧の通り大行列で尻尾を巻いて退散します。





→ 今日はなにを食べようかなぁ! : つけ麺 田多森(ただもり) (休店中)
→ 今日はなにを食べようかなぁ! : 八丁堀 茂助




→ つけ麺 田多森 その零





結局、つけ麺・田多森さんは、行けず仕舞いに終わりましたが、
その後に出来た、こちらの蕎麦店も、
元ハズーさんの記事を見ていつかは行こうと思っていました。




八丁堀 茂吉



「本手打ち蕎麦」を看板にする、八丁堀 茂吉さん。




茂吉 店内  昼のメニュー




モダンジャズの流れる、
バーのようなカウンターのある店内。
昼のメニューはご覧の通り。
夜は飲み放題コースもあって、
飲兵衛にはとても魅力的です。
初回の蕎麦屋ではまず「もり」を頼む私ですが、
今日は例外で、店頭のお勧め筆頭「肉そば」を頼んでみましょう。




お茶と揚げた蕎麦  大盛りの二八そば



まずは温かいお茶と、
お昼には珍しい揚げた蕎麦が出てきました。
これじゃ、あんた、飲みたくなっちゃうぢゃないの、もう。
ほどなく最初に蕎麦のみが出て来ました。
どうやら、つけ蕎麦だったようです。
今日は大盛りがサービスだったとか。
まず蕎麦のみをつまんでみれば、
香りの高い、のどごしのよい二八蕎麦。
かなり、美味い部類の蕎麦だよ、こりゃ。
そして量も大満足。
うん、期待が高まります。




肉そば(850円)+大盛りサービス



肉そば(850円)+大盛りサービス。



たっぷりの豚肉  玉子と絡める




蕎麦は最高に近かっただけに、
このつけ汁はちょっとがっかり。
大量の具・豚肉と、玉子サービスは嬉しいですけど、
唐辛子の辛味はまだしも、
この大量のゴマと海苔が余計です・・・。
・・・蕎麦の良い香りが全く消えちゃう。
こんなイロモノにする必要はないと思う。
なんだか、ちょっと残念です。
もっと正統に勝負出来ますって。




近くもう一度、デフォの"もり"を食べに伺います。





人気ブログランキングへ ← 二つのブログランキングに参加致しております。
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。