元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、自転車、バイクが趣味。ラーメン二郎(京成大久保店ホーム)・蕎麦が大好物。

麻賀多山 信龍院 超林寺 (千葉貞胤供養碑) 〜新川・印旛沼 サイクリング その五(3)〜

宗派 曹洞宗
本尊 釈迦牟尼
286-0004 成田市宗吾10




超林寺入口  超林寺文化財案内



車とチャリを麻賀多神社に停めたまま、
道の向かいの坂の下にある、
曹洞宗の超林寺さんにもお参りしました。
麻賀多山という山号ですから、
元は麻賀多神社の神宮寺でしょうか?



超林寺  本堂




いや、千葉家始祖の千葉(岩橋)輔胤という武将が、
ここに隠棲する際に建立した道場のようです。





超林寺の扁額  本堂内




本堂には禅寺らしい檀に、
釈迦牟尼仏が本尊に祀られていました。



千葉貞胤供養碑  千葉篤胤供養塔と下総式板碑




本堂の手前、宝篋印塔の左、
大きな板碑が二基ありました。
左は阿弥陀如来梵字が記された、
元享二年(1322)の下総式板碑。
右は成田市指定有形文化財の、
「平貞胤供養碑」で、
観応二年(1351)の建立とか。