元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

東海汽船 高速ジェット船セブンアイランド大漁

105-6891 港区海岸1-16-1
公式サイト http://www.sevenislands-tairyou.com





乗船券




あっという間の一泊三日の最終日。
ホテルで朝風呂の後に、
朝食を食べ終えた頃、
今朝の船の出発港は元町港と決定したとか。。。
10時25分出発のジェット船に乗る為、
9時50分に乗船手続きを済ませようと、
9時にチェックアウトをして、
ぷらぷらと歩いて元町港を目指しました。




多肉植物





歩いて元町港に向かう途中、
改めて確認をしてみると、
本土(?)とは明らかに異なる植物が、
ここそこいらに生えています。
ほら、そこの石垣にもこんな多肉植物が。。。。





あんこキューピー





ホテルと客船ターミナルの売店で、
お土産を購入致しました。
姪と、長男の彼女には、
このあんこ椿キューピーさん。




屋台  あんこさん




さて乗船手続を済ませて、
元町客船ターミナルの周囲で、
ぶらぶら時間をつぶしていると、
こんな屋台を発見して、
年配のあんこさんが開店準備のご様子。。。




屋台  メニュー




どうやら炭火でサザエやハマグリを焼き、
升酒を飲ませてくれるお店のようデス。





屋台で一杯  サザエのつぼ焼き





伊豆大島には川がなく、
稲作は出来ず清酒は造れないので、
お酒は秋田の高清水なのはご愛敬。
年配の美しいあんこさんの、
昔話を聞きながらサザエの焼き上がりを待ちます。





乾杯  升酒とサザエ




またまた升酒で益々ご清祥に乾杯。
まさか伊豆大島でこんな立ち飲みを楽しめるとは、
出発前には想像もしませんでした。




サザエ  ハマグリ





サザエの他にハマグリも、
余計にサービスして頂き大満足。
あんこさんありがとうご馳走様でした。





高速ジェット船セブンアイランド大漁  ジェットホイルに乗り込む





さて、帰りの船は、
同じ東海汽船ですが、
往路の8時間とは打って変わって、
わずか1時間45分のジェットホイル。
たまたまですが一番新しい、
去年デビューの「大漁」が来てラッキー。




さらば伊豆大島





さらば伊豆大島また来よう。
楽しい思い出をありがとう。





船内  缶酎ハイとつまみ





さて、帰りの船内でも、
買い込んだ缶酎ハイとつまみで宴会です。
う〜ん、酔っぱらった。。。




羽田沖  レインボーブリッジをくぐる





朝からの酒の酔いが回り、
わずかに客席でウトウトしたら、
あっという間にもう羽田沖で、
飛行機の離発着が左手に見えます。
その後間もなくレインボーブリッジをくぐり、
もう竹芝桟橋は目と鼻の先。




竹芝桟橋が見える  船の軌跡





竹芝桟橋がすぐ目前に見えます。
船の後ろを振り返ると、
さすがは時速80kmの軌跡は、
長く長く東京湾の奥までと続いていました。




タラップ  竹芝桟橋に着岸





無事竹芝桟橋に着岸しました。
さて、夢のようなに楽しかった、
一泊三日の伊豆大島旅行は、
あっという間に終わってしまった。。。。
明日からはまたつまらない現実が待っています。




御家老、ETTEMA、
リョーション、お疲れさまでした。
また秋に旅行に行こうね。