元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

【秩父第六番】向陽山 卜雲寺

宗派 曹洞宗
本尊 聖観世音菩薩
ご詠歌 初秋に 風吹き結ぶ 荻の堂 宿かりの世の 夢ぞ覚めける
368-0072 秩父郡横瀬町横瀬1430 





武甲山に向かて走れ




さて武甲山に向かって走ります。
途中に第七番入口の案内がありましたが、
順打ちにこだわって素通りいたします。




卜雲寺





小さな上り坂下り坂を繰り返して、
第六番・卜雲寺に到着しました。




本堂




セメント会社による、
石灰石採掘の跡が痛々しい、
日本二百名山の一つ、
標高1304mの武甲山ですが、
その名は日本武尊が、
甲を納めた伝説に由来します。
修験の場であった武甲山の頂上に、
蔵王権現社(現・御嶽神社)があって、
そこに祀られていた、
行基作の聖観音が、
二度の移転を経て、
ここ卜雲寺の本尊となったとか...。



本堂




現在の本堂は明治四十一年(1908)の再建。
寺名は開創の嶋田与左衛門の法号
「卜雲源心庵主」に因むという説があります。




第6番朱印