味元 高品店 その二 〜きつねそばを極めてみる その二十五〜

営業時間 7:00〜18:00
定休日 水曜日
264-0024 千葉市若葉区高品町1583-6



味元 高品店 → その一
味元 末広店 → その一



きつねそばを極めてみる
その → 一(天かめ)二(富士そば)三(そばいち)四(福そば)五(ゆで太郎)六(おくとね)七(門仲そば)八(小諸そば)九(はないち)十(おか田)十一(亀島)十二(二葉)十三(加賀)十四(六文そば)十五(いろり庵きらく)十六(そばよし)十七(よもだそば)十八(一心たすけ)十九(寒川そば)二十(越後そば)二十一(めとろ庵)二十二(丹波屋)二十三(亀よし)二十四(蓼科)




味元高品店とレブル1100



さて、昨夜の休日出勤の疲れが残る日曜日。
千葉県内の残り少ない、
きつねそばのある路麺店を目指しまして、
レブル1100で味元高品店に行ってみました。
2年9ヶ月13日ぶり2回目の訪問デス。



店内壁のメニュー



コチラはたぬきときつねは同額で、
かけそばは450円の設定デスので、
油揚げ、天かす=揚げ玉は50円。
大盛は100円なのでマイルールOK。



きつねそば(500円)+大盛(100円)



きつねそば(500円)+大盛(100円)。



油揚げ  ナルト



油揚げはそりゃ50円だもの。
半身を三角に切ったものが二枚。
少し食べ進めたところで、
なぜか🍥ナルトが隠れていました。
立ち食いそばで🍥ナルトって珍しいよねぇ。



蕎麦を手繰る 



蕎麦を茹で置きのコシのないタイプですが、
このような昭和の香る店ではそれが王道。
つゆもかなりのブラック系でした。



完食完飲



100円増しにしては大盛の満足度も高いデス。
当然KKでご馳走様デス‼️





tabelog.com