「春を嫌いになった理由」

→ 「武士道シックスティーン」
→ 「ソウルケイジ」
→ 誉田哲也プチマイブーム
→ 「誉田哲也」関連の記事





武士道シックスティーン」ですっかり見直してしまった誉田哲也さん。
もう一本、最近文庫化されたばかりのこちらも読んで見ましょうか。



春を嫌いになった理由(わけ) (光文社文庫)

春を嫌いになった理由(わけ) (光文社文庫)



読む前の、事前情報では、
霊能力者が登場する、
サイキック的な作品のよう。
そこからどうなるの?。
得意のホラー的なミステリーか。
そもそもSFであるとして進行するのか、
それともオチを超常現象に逃げるのか。
とても難しい位置づけにある作品です。




冒頭、やはりオドロオドロしい「夢」の、
序章で始まった物語・・・。



なんだよ、いきなり初台の交差点で幽霊・・・??。
ちょっとがっかりとして読み進めると、
だんだんと現実にありえる事例が、
徐々にその超常現象に取り込まれていきます。



読み終えてみれば、
こりゃ、おっしゃる通りの、
ノンストップ・エンターテインメント。
お得意のシリーズ化もありえます。
いやいや面白かった。
誉田哲也さん、脂がのってきましたね。
まったく関係ありませんが
昭和四十四年(1969)で、私と同い年でした。




→ 幽霊の話
→ 次男の一句 その二
あんた誰? その → 





さて、幽霊の話・・・。
・・・そうなんです。
目に見えるすべての人々が、
すべて生きている人間だとは限りません。
ただ、それに気付く事がなければ、
絶対に幽霊は見えないのです。





人気ブログランキングへ ← 二つのブログランキングに参加致しております。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ ← よろしかったら応援クリックをお願い致します。