元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

習志野在住紀尾井町勤務の千葉都民。神社仏閣・歴史散歩、カメラ、ロードバイクが趣味。ラーメン(二郎京成大久保店ホーム)・蕎麦が好物。

特別展「国宝 東寺 ~空海と仏像曼荼羅~」東京国立博物館 その十九

開催期間 2019年3月26日(火) 〜6月2日(日)
開館時間 9:30〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日・5月7日(火)(ただし4月1日(月)は東寺展会場のみ開館・29日(月・祝)5月6日(月・祝)は開館)
観覧料金 一般1600円、大学生1200円、高校生900円、中学生以下無料
110-8712 台東区上野公園13-9 東京国立博物館 平成館
公式サイト https://toji2019.jp/




東京国立博物館 
その → 
十一十二十三十四十五十六十七十八




国宝 東寺 ~空海と仏像曼荼羅~




事前に購入していたチケット



さて恒例の高校の同級生四人で行く、
プチ同窓観仏会の今年の春の部。
今回はゾウ、ピーのリクエストで、
仏像とは無関連ですが、
科博の特別展、
「大哺乳類展2」
を挟みます。
チケットはすで、
一番暇なワタシが購入済み。



東京国立博物館  平成館




特別展「国宝 東寺 ~空海と仏像曼荼羅~」は、
いつもの通り平成館での開催になります。



makoto-jin-rei.hatenablog.jp




実は八年前に同じくここで開催されて、
同様に展示された文化財も多いんですが、
今回は東寺に絞り、講堂安置の立体曼荼羅
二十一体の仏像から、
史上最多の国宝十一体、重文四体の、
合計十五体が出品されるのです。
ほとんど東寺からっぽやん。
そしてもう一つの呼び物は、
あの平安イチのイケメンとされる、
国宝・帝釈天騎象像が、
フラッシュなしなら写真撮影OKとか。
てな訳でD500担いで来ました。




国宝・帝釈天騎象像  国宝・帝釈天騎象像

国宝・帝釈天騎象像  国宝・帝釈天騎象像

国宝・帝釈天騎象像  国宝・帝釈天騎象像

国宝・帝釈天騎象像 国宝・帝釈天騎象像



てな訳で、なかなか気合を入れて撮影した八枚。
ワタシの腕では荘厳なイケメン感があまり出ていない。
象はなんならうちのゾウと交代させましょか。
千年以上お乗せしていると重いっしょ。



常設展示  常設展示
UNOって言ってなーい

ひゃー忘れたー
常設展示  常設展示

常設展示  本館





いつも通り本館の常設展示を少し観て、
お次の科博に行くこととします。